2/7

(TUE)

2023年、メッセージ

  • 2023/01/01
  • 2022/12/27
2023年、メッセージ

東広島市、竹原市の市長・商工会議所会頭の2023年のあいさつを紹介(敬称略)

東広島市長

髙垣 廣德

髙垣廣德氏

市民の幸福度向上を目指す

 新年あけましておめでとうございます。
 2022年は、新型コロナウイルス感染症に加え、燃料や資源価格の高騰など、厳しい状況が続く一年でした。

 そのような中、本市ではワクチン接種の促進や医療、介護現場への緊急支援をはじめとしたコロナ対策、また物価高騰に対応した臨時給付金、にぎわい創出や消費喚起対策など、地域経済と市民生活を下支えする取り組みを着実に行ってまいりました。一方、3年ぶりの「酒まつり」の現地開催をはじめとした地域イベントの再開や、「道の駅西条のん太の酒蔵」が開業しご好評をいただくなど、社会経済活動に回復の兆しが見えた一年でもありました。

 2023年も市民の皆さまの幸福度(well-being)向上を目指し、新しい時代をリードする「やさしい未来都市 東広島」の実現に向け、市民の皆さまとともに全力で取り組んでまいります。

 本年が皆さまにとって幸多き一年となりますよう、心から祈念申し上げます。


東広島商工会議所 会頭

木原 和由

木原和由氏

経営力向上への支援に力

 2023年の新しい年を迎え、謹んでお慶び申し上げます。

 今、地域経済を支え、地域の雇用の受け皿となっている中小企業・小規模事業者は、コロナ禍の長期化に加え、原油・原材料価格の高騰により、未曽有の影響を受け続け、極めて厳しい経営状況にあります。

 そのため、商工会議所では、中小企業・小規模事業者への経営支援はもちろんのこと、デジタル化による生産性向上、新分野展開、事業承継・再構築など、中小企業の経営力向上に向け、伴走型で支援してまいります。

 また、5月に開催のG7広島サミットを絶好の機会と捉え、東広島の魅力発信にもより力を入れることで、にぎわいづくりにつなげたいと思います。

 中小企業・小規模事業者が元気に経済活動をすることは、地域の活性化、地方創生につながります。皆さま方の一層のご協力をお願い申し上げます。

 この一年が、皆さまにとって素晴らしい年になりますようお祈りいたします。


竹原市長

今榮 敏彦

今榮敏彦氏

感染症対策と経済活動を両立

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 2022年は、おととしから続く新型コロナウイルス感染症に加え、ロシアによるウクライナ侵攻、燃料・資源価格の高騰など、社会経済情勢の大きな変化により、住民生活への深刻な影響が続いた一年となりました。

 こうした中、これまで感染症の影響を受け中止しておりました「たけはら憧憬の路」を3年ぶりに開催するなど、新型コロナの感染拡大以前の事業を徐々に再開しており、本年も、感染拡大防止と社会経済活動を両立させながら、日常を取り戻す取り組みを進めてまいります。

 市制施行65周年の節目を迎え、これまで以上に本市の目指す将来都市像である「元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。」の実現に尽力してまいります。本年もより一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。皆さまにとって輝かしい一年となることを祈念申し上げます。


竹原商工会議所 会頭

山本 靜司

山本靜司氏

伴走型支援をより強化

 2023年の新年を迎え、謹んでお慶び申し上げます。

 昨年はコロナ禍からの回復が思うように進まない中、過度な円安・物価高騰が続き、会員事業所の皆さまを取り巻く環境は未だ厳しい状況にあります。また、本市では少子高齢化・人口減少が加速化し、大型店等の閉店も重なり閉塞感が大きく漂っております。

 商工会議所では2022年10月末に議員改選を行いました。この3年を重く捉え、地域経済の担い手である中小・小規模事業者の事業継続に向けた施策を講じ、より充実した経営支援・伴走型支援の強化に取り組む所存です。

 また長年の懸案事項でありました市庁舎移転に伴う当所事務所の移転を、3月末までに完了いたします。移転後も役職員一同、なお一層会員の皆さまのために、事業所の付加価値向上や行政等と連携した課題解決などに尽力いたします。

 本年が皆さま方にとって飛躍の1年となりますようお祈り申し上げます。

コラム「卯年はこんな年」

 2023年の干支(えと)は「癸卯(みずのと・う)」です。1963年生まれの人が「還暦」を迎えます。

 コロナ感染拡大で、この3年間は、世界中の人の動きが萎縮し、経済が停滞し、物価だけが高騰しています。うっ屈した社会情勢のはけ口を探すかのように、22年にはウクライナ戦争が始まり、いまだに続いています。23年は、皆さまにとって、陽光注ぐ春の野原を「ウサギ」が飛び跳ねるように、明るく飛躍する一年になることを心から念願しています。

 60年前の癸卯は、東京オリンピックを翌年に控え、首都東京では首都高速道路、新幹線、東名高速道路、地下鉄工事などの建設が同時に進んでいました。一方で、大きな事件や事故も発生しました。3月には吉展ちゃん誘拐殺人事件、5月には狭山事件が発生。11月9日には旧三井三池炭鉱三川鉱の炭じん爆発事故(死者458人)と、貨物列車と横須賀線が多重衝突した国鉄鶴見事故(死者161人)の両方が発生しています。

 海外では、ケネディ大統領が暗殺されました。一方で、ワシントン大行進でキング牧師が「I have a dream」の演説をしたほか、国連総会で人種差別撤廃宣言が採択されるなど、明暗がはっきり分かれる出来事が起こった年でした。

 エンタメ界では、ビートルズの初アルバムが発売され、坂本九の「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」がアメリカのビルボードで1位になりました。

(千義久)

関連する人気記事

新着記事