8/20

(SAT)

【新店舗】くらげの尾道中華そばを食べてみた。【らーめん侍】

  • 2022/01/31
  • 2022/01/31

らーめんざむらい

 

我が名は「らーめん侍(ざむらい)」。

おいしいラーメンの為なら、どこにでも赴(おもむ)き、食す。

 

待望の第4弾となる今日は、

「お好み焼屋さんがリニューアルオープンして尾道ラーメン店になった」  との噂を徹底調査じゃ!

 

家来の情報によると、

このあたりだと聞くが、、、

 

 

むむっ!!

 

くらげ

 

 

 

いつの間に、このような佇まいに。

しっかりラーメン屋さんを主張しているのでないか。

なになに、店名は、

『尾道中華そば くらげ-海月-』とな。

 

くらげ

 

店内はこんな感じ。

鉄板がなくなり、代わりにカウンターを置き、

キッチンには寸胴鍋がずらり。

なるほど、どこを見てもラーメン屋さんじゃの。

 

くらげ

 

メニューはこちら。

反射しているのは愛嬌ぢゃ!!

見て分かるように、「中華そば」押し!

 

くらげ

 

この中華そばは、90年前の尾道ラーメンを忠実に再現 しておるそうじゃ。

スープには、鶏ガラと牛骨を使用しておる。

牛骨からはなかなか出汁をとるのが難しいのに、こだわりもすごいのう。

 

くらげ

 

スープを一口すすると、

あっさりとしながらも、鶏ガラの味がしっかり。

 

くらげ

 

麺には井上製麺所の平細麺を使用しておる。

スープとの相性も良く、風味を逃がすことなく最後の1本まで美味しく食べられたぞ。

 

価格は、税込み700円。

サラリーマンにはうれしい値段設定じゃの。

トッピングや餃子などのサイドメニューも用意しておる。

 

この店の大将でもある中野誠さんは、

美味しい味を提供するという気持ちはずっと同じ。90年前の本場尾道ラーメンの味をぜひ食べてみてください」と話しておった。

いや、この男も武士じゃの~。

 

くらげ

 

尾道ラーメンくらげに多くの客が集まらんことを祈る。

味だけでなく、心意気も含めて。

 

あっぱれ

 

(文・写真/Satoshi Hanzawa)

 

お好み焼き屋からラーメン屋にリニューアル 尾道中華そば・くらげ

尾道中華そば くらげ -海月-

関連する人気記事

新着記事