7/20

(SAT)

黒瀬の 黒タコ 地域の名物メニューに! 投票企画に出品中

  • 2022/04/13

FM 東広島でアピールした木原部長(左)と商工会メンバー

 

 黒瀬商工会青年部(木原博紀部長)は黒瀬黒たこ焼き「黒タコ」を開発し、地域の名物メニューにしようと取り組んでいる。
 黒瀬町の『黒』にこだわり、食用の竹炭の粉を生地に混ぜ込んであるので真っ黒。竹炭は黒瀬の特産品の一つで、配合することでもっちり感が出たという。
 6月8日のグリーンピア安浦で行われるトップスタイル、7月26日の黒瀬ふれあい夏祭り、10月の酒まつりなどのイベントで販売が予定されている。 
 現在、インターネット「Yahoo!Japan」の投票企画、ご当地メシ決定戦番外編の「次世代ご当地メシ決定戦予選」に、広島県代表として出品中。予選を通過すると決勝戦に進むことができる。6月16日まで誰でも投票できる。
 木原部長は「黒瀬ならではの商品。東広島市のみなさんに投票をお願いしたい。また、イベントで見かけた際は、ぜひ味わってほしいですね」と話している。(西村)

関連する人気記事

新着記事