10/2

(SUN)

サタケ「豊栄おむすびくらす」 豊栄産の米や野菜使い人気

  • 2018/05/12
  • 2022/06/01
「白身魚と野菜のあんかけ」にGABA玄米・白米のハーフ&ハーフを付けた定食

 サタケ(本社・東広島市西条西本町)が運営する、同市西条町西条東のおむすびのGABAが「豊栄おむすびくらす」に店名を変えるなどリニューアルして約1カ月。子ども連れから高齢者まで多くの客でにぎわっている。
 「現在の1番人気は、白身魚と野菜のあんかけ」と秋友涼志店長。脂が乗った白身魚と大きめにカットされた旬の野菜に、さっぱりとした甘酢あんが食欲をそそる。他にも、東広島名物のコメカラに特製の香味ソースをかけた「香味コメカラ」や豊栄産の赤卵を使った「手づくりだし巻きとコメカラ」も人気。
 ドライブスルーや持ち帰りメニューも豊富で、常時5種類のおむすびと季節のおむすびが楽しめる。営業時間は10時〜18時。定休日なし(年末年始は休み)。5月〜11月には店舗前で認定農業者の野菜や卵などの産直市を月1回開催予定。5月は19日、6月は23日の9時から、売り切れ次第終了。詳しくは082(423)0632。(茨木)

関連する人気記事

新着記事