7/19

(FRI)

【学校リポート①】板城小 地域住民と一緒に田植え体験

  • 2024/07/08
板城小学校児童ら田植え体験

 東広島市西条町森近の市立板城小学校の5年生66人は5月24日、板城住民自治協(荒谷和男会長)の10人と同小近くの水田で昔ながらの田植えを体験した。地域のみんなで支え合う気持ちを育む町づくりをしようと約50年前から毎年体験学習を行っている。
 児童らは住民から植え方の説明を受けた後、約4㌃の水田に裸足で入り、一斉に歓声を上げていた。横一列に並び、住民の指導を受けながら田植え綱の赤い印に合わせて、一本一本丁寧に植え付けた。
 灘邉乃々椛さんは「足が泥に埋まり大変だったが、楽しかった。ふっくらと甘いお米になってほしい」と笑顔。荒谷会長は「米作りなど物づくりの大切さを感じてもらい、いろいろなことに興味を持ってもらえれば」と話していた。
 今後、児童は稲の成長を観察しながら、秋には稲刈りと稲こぎを体験。来年2月の参観日には、学んだことをプレゼンテーションする。(山北)

記者の画像

プレスネット編集部

広島県東広島市に密着した情報を発信するフリーペーパー「ザ・ウィークリープレスネット」の編集部。

東広島の行事やイベント、グルメなどジャンルを問わず取材し、週刊で情報を届ける。

関連する人気記事

新着記事