7/5

(TUE)

地元に恩返しを!発足10周年の「夢拾い」が東広島市に24万円寄付しました

  • 2020/10/26
  • 2021/01/13

 

東広島市を拠点に活動している清掃ボランティアネットワーク夢拾い(上野和浩代表)は10月8日、会員から募った24万円を東広島市に寄付しました。上野代表ら5人が市役所を訪れ、高垣広徳市長に寄付金を手渡しました。

 

 

 

夢拾いは2010年7月3日、3人で西条駅前からスタート。「恩返し」「恩送り」をミッションとし、清掃活動を続けています。今では広島県内だけなく、日本各地に輪が広がっているとのこと。

上野代表は「結成10周年の節目に、日ごろからお世話になっている地元に『恩返し・恩送り』したいと考えた。新型コロナ対策などに役立ててほしい」と話していました。

関連する人気記事

新着記事