7/6

(WED)

東広島で撮影 カワウがのみこんだ物は何?【東広島フォトリポート】

  • 2021/02/25
  • 2021/02/26

 

みんぷらカワウ0225

 

 

池でカワウが大きな芋虫のような物を捕まえ、のみこむ場面に出合いました。

 

あれはいったい何?新種の発見か?

 

広島大学デジタル博物館に問い合わせると、ワーム(ミミズのような細長い虫)という釣り人が使うルアー(疑似餌)の一種、だそうです。

 

釣り人が捨てた釣り糸や漁具が、問題になっているマイクロプラスチックの増加につながり、水辺や水中に暮らす生き物の生態系を含めた、環境への影響が懸念されています。

 

釣り禁止の看板のある池での出来事です。

 

心無い釣り人の捨てたルアーが、一つの命を奪おうとしています。

 

 

撮影日:1月18日

 

撮影場所:東広島市西条町

 

撮影:井川良成

 

 

 

 

 

 

当ページの画像の無断転載・無断使用を固く禁じます。

 

 

 

 

 

関連する人気記事

新着記事