7/5

(TUE)

【東広島・コロナワクチン】集団接種を見合わせ、個別接種で対応 国からの供給不足で

  • 2021/07/13
  • 2021/08/12
東広島市役所2021年

東広島市庁舎

 

記事のポイント

・東広島市が、同市の新型コロナのワクチン接種について発表

・9月末までに接種を完了する予定だったが10月以降にずれ込む

・東広島運動公園体育館での集団接種は当面見合わせ

・医療機関での個別接種で対応

・市は7月20日に、60~64歳の市民を対象に予約受け付けの文書を発送


 

 東広島市は7月13日、新型コロナウイルスの12歳~64歳の接種で、国からのワクチン供給不足を踏まえ、今後の接種方針を発表した。当初は希望する市民への接種完了を9月末までとしていたが、先行きが見通せない中、接種完了は10月以降にずれ込むことになった。

 市は当初、対象市民約12万人のうちの希望者を対象にしたワクチン接種を、医療機関での個別接種が3万人、職域接種を含めた5会場での集団接種が8万人と見込み計画を進めてきた。しかし、国のワクチン供給量が、市の要望する必要量の半分に届かなくなったため、接種方針を変更することになった。

 市によると、東広島運動公園体育館など大規模会場での集団接種を当面、見合わせることにし、市内85医療機関の個別接種で対応。安芸津地区では、個別接種を行う医療機関が1カ所しかないため、集団接種会場だった安芸津生涯学習センターで、医療機関のかかりつけ患者を対象に小規模集団接種を行う。

 計画では、7月20日に60歳~64歳の市民を対象に、予約受け付けの文書を発送し、その後、接種の進行や国のワクチン配分量などを確認しながら、年齢の高い順に5歳区切りで、概ね1週間ごとに予約の開始を通知していく。予約は各医療機関がWEBか窓口・電話で受け付ける。接種は8月2日から順次開始する。

 ワクチンは2回接種が必要。東広島市では、7月11日現在、市内の65歳以上の高齢者の82%の約3万9700人が1回目の接種を終え、そのうちの59%が2回目の接種も終えている。また、大学生や市内企業の従業員、市立小中学校の教職員を対象にした広島大での職域接種は、約2万9400人が1回目の接種を終えている。

 高垣広徳市長は「国には、必要なワクチン量を確保できるよう要望していく。併せて、県には市内への県営の集団接種会場の設置を働きかける。一日でも早く、希望者への接種完了を目指す」と話している。


※東広島市発表資料

 

文・東広島デジタル編集部

 


新型コロナイメージ

【まとめ】東広島市民が知っておきたい新型コロナ関連ニュース

国、広島県、東広島市の取り組みや、市民アンケート結果など、東広島市民が知っておきたい新型コロナウイルス関連ニュースをまとめています。 (随時更新)   東広島市内、最新の新型コロナ感染状況は東広島市役所ホームペ […]
covid

【速報】新型コロナウイルス 東広島市26人の感染を確認(7月5日発表)

令和4年7月5日17時00分現在、東広島市で10,334~10,359例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。広島県が患者の行動歴や濃厚接触者を把握するための調査中をしています。本市で確認された事例については […]
飲食店応援キャンペーンサムネ

【東広島商工会議所】1000万円分の食事券が当たるキャンペーン 参加店一覧(5月末まで利用可能)

「飲食店応援食事券プレゼントキャンペーン」は、期間内(2021年12月~2022年1月)に東広島市内の対象飲食店で飲食をすると、飲食代1000円(税込み)ごとに専用台紙にスタンプ1つがもらえて、抽選で食事券が当たる、とい […]

【東広島市】新型コロナワクチン接種のお知らせ【オトクなチラシ】

プレスネット3月24日号に折り込まれたチラシ情報をご紹介! 今日は「東広島市新型コロナウイルスワクチン接種」「チカラもち 広島店」「ディスカウントスーパー 万惣」「ライフアンドカルチャーマーケット・エルシー」からご紹介「 […]
東広島デジタル-コロナ

【東広島市の新型コロナワクチン】電話申し込みで当日接種可能に

東広島市は3月16日、新型コロナワクチンの3回目接種について、当日の電話申し込みで接種を可能にすると発表しました。これまでは前日までの予約が必要でしたが、「今日だったら時間があるので、接種できる」などといった場合に、柔軟 […]

関連する人気記事

新着記事