12/7

(WED)

泥棒に入られた家の半数はカギをかけていなかった… 連休中の盗難に注意 広島県警が呼び掛け

  • 2022/04/30
  • 2022/04/29

広島県警が連休中の盗難に注意を呼び掛けています。泥棒は、不在にしている家や休業中の店舗を狙っており、帰省や旅行、レジャーなど出掛ける機会が多いゴールデンウィークは特に注意が必要です。泥棒はどこから侵入してくるのか、どのように防げばいいのかをまとめました。

防犯

目次

目次

 

泥棒はどこから入る?

広島県警のメルマガによると、泥棒が家に入ってくる場所、侵入口の約8割は玄関・窓・勝手口だそうです。

そして、被害のあった件数のうち、約半数がカギをかけていなかったそうです。

(2021年中)


カギをかけていれば、発生件数を減らすことができる、ということですね。

泥棒に入られないようにする対策

広島県警はメルマガで、泥棒を自宅や会社に寄せ付けない、出入口から入らせない対策が重要として、以下の対策を呼び掛けています。

泥棒を寄せ付けない!

・防犯カメラやセンサーライトを設置しましょう。


・建物の周りに防犯砂利を敷きましょう。


・2階への足場になるものを置かないようにしましょう。

出入口から入らせない!

・出かけるときは,全てのドア・窓を閉めてカギをかけましょう。
<泥棒は2階からも入ってきます>


・在宅中もカギをかけましょう。
・掃き出し窓には補助錠や侵入盗防止フィルムを設置しましょう。

身近で起こっている犯罪を知る方法

広島県警察安全安心アプリ「オトモポリス」では、犯罪、不審者、交通事故などが発生した場所が公開されています。

スマホでアプリをダウンロード

また、県警のホームページでも見ることができます。

県警安全安心マップ

安心安全マップで東広島を検索した画面のスクリーンショット

「身近なエリアで起こっている犯罪などを確認して、防犯対策にお役立てください」と県警。


文 東広島デジタル編集部

関連する人気記事

新着記事