12/1

(THU)

遊び通し「感じる力」育む 保育施設が実践例紹介

  • 2022/05/10
  • 2022/05/09
取り組み事例を紹介する市職員(撮影・原田)
取り組み事例を紹介する市職員(撮影・原田)

 遊びを通して「感じる・気付く力」「人とかかわる力」などを育む保育に取り組んでいる東広島市では、9つの保育施設が令和3年度に行った取り組みや、広島大学との共同研究をポスターにまとめ、4月18日から22日まで、市役所1階ロビーで「魅力ある保育環境づくり」と題して紹介した。

 「認定こども園くば」では、土を柔らかくすることで、子どもたちが安全に遊べるようになり、保育の質の向上につながったことを紹介。広島大学との共同研究では、保育者と保護者の連携で、乳幼児の育ちを明確に把握できるようになり、保育の質の向上が図られるようになったことを提示していた。

 市保育課の上杉浩司課長は「実践を通して、市内全ての保育施設で、質の高い環境づくりや保育者のスキルアップを目指していきたい」と話していた。

(原田)

関連する人気記事

新着記事