7/5

(TUE)

泥でできた蜂の巣【東広島フォトリポート】

  • 2022/06/19
  • 2022/06/19
泥でできた蜂の巣

 山茶花の枝に泥の塊のような丸い巣を見つけました。

 蜂の巣であることは理解できたのですが、種類が分からないので広島大学総合博物館に問い合わせ、同大・南葉錬志郎氏より、枝などに拳大の鈴のような丸い巣をつくる、「スズバチ(鈴蜂)」と教えていただきました。

 巣の中にチョウやガの幼虫を入れ、卵を産んでふたをし、生まれた幼虫は親蜂が入れてくれた獲物を食べ成長し、穴を開けて巣立ちます。

 まだ穴が開いていないのでこのまま観察を続け巣立ちの瞬間を見たいものです。

フォトリポーター 井川良成
6月4日、東広島市八本松町で撮影

二色が混在 イモカタバミ

二色が混在 イモカタバミ【東広島フォトリポート】

 今や野生化分布を広げ、空き地や庭などでは雑草扱いされているイモカタバミ(芋片喰)。  庭の隅で、普段目にする紅紫色とは別に白花の群落、混在する群落を見つけました。イモカタバミの花や葉は、昼夜で開いたり閉じたりします。 […]
栗の赤ちゃん

栗の赤ちゃん【東広島フォトリポート】

 栗の花の撮影に出掛けました。長さ15㌢ほどのブラシのような花をどう撮るか迷っていると、長い房の根元に小さな丸い粒があることに気付きました。  接写レンズで拡大してみるととげに包まれていました。直径7㍉ほどの栗の赤ちゃん […]
さえずりは一人前

さえずりは一人前【東広島フォトリポート】

 日本三鳴鳥の一種、オオルリの甘い声に誘われて接近を試みました。昼なお暗い山の急斜面を登ると枯れ松のてっぺんでさえずっているのをみつけました。  さらに接近して望遠レンズでのぞくと、青い羽の一部に褐色が残っていました。青 […]
餌を催促

餌を催促【東広島フォトリポート】

 ため池の片隅で人目を避けて子育てをしていたバンですが、5羽のひなを連れて出てきました。  親の後を追ってひなは必死についていきますが、他のひなより早く餌をもらうための競争の場でもあります。  餌になるヒシの新芽を親は小 […]
八重咲きドクダミ

八重咲きドクダミ【東広島フォトリポート】

 道端などに生えているドクダミは、よく見ると愛らしい花です。植えた覚えのない八重のドクダミが咲いている、と連絡をもらい撮影してきました。  白い花びらに見えるのは苞(ホウ)で、葉が変形したもの。花は淡黄色の部分です。八重 […]

 

関連する人気記事

新着記事