12/4

(SUN)

エコネットひがしひろしま 豊栄でデイキャンプ 親子連れ200人参加 里山の自然を満喫

  • 2022/07/31
  • 2022/09/26
豊栄でデイキャンプ

 エコネットひがしひろしま(橋野俊子会長)が7月30日、小石川観光りんご園と生活の森(豊栄町清武)を会場に、「わくわく里山デイキャンプ」を開催した。市内外から親子連れなど約200人が参加し、自然あふれる会場で思い思いに夏休みのひとときを過ごした。

 エコネットひがしひろしまは、大学や事業者、地域団体などが連携し、環境問題に取り組む団体。「わくわく里山デイキャンプ」は、長引くコロナ禍でのびのび過ごすことができない子どもたちのために、東広島の自然を満喫してもらおう、と昨年から開催している。

 会場では、薪ストーブを使ったサウナテントの体験や、森林ヨガ、水鉄砲を竹で作るワークショップなどが開催され、豊栄バーガーや東広島こい地鶏の焼き鳥などグルメも用意された。中でも広島大学の自然体験活動サークル「学びの里」が案内する里山探検ツアーは、申し込み者が多く、回数を増やして実施するほどの人気だった。

 家族4人で参加した寺田清美さんは「子どもたちが竹製水鉄砲で周りの人に水をかけてしまっても、笑って許してくれるような穏やかな雰囲気のイベントだった」と話していた。マイカップとマイスプーンを持参した人には、無料でかき氷を提供するなど、環境にも配慮していた。事務局長の小池恵美子さんは「ほとんどの人がカップとスプーンを持参してくれた。それほど環境意識の高い人が集まるイベントになった」と振り返った。

(小林)

関連する人気記事

新着記事