2/1

(WED)

反撃能力「専守防衛逸脱せず」 参院代表質問で岸田首相

  • 2023/01/26
  • 2023/01/26

時事通信社

 岸田文雄首相の施政方針演説に対する各党代表質問が26日午前、参院本会議でも始まった。首相は安全保障関連3文書の改定で明記された反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有について「弾道ミサイルなどの攻撃が行われた場合、武力行使の3要件に基づき、必要最小限度の自衛措置として行使する」と説明。「専守防衛から逸脱するものではない」と強調した。

 首相は「自衛隊の抑止力・対処力を向上させることで、(日本への)武力攻撃の可能性を低下させることが重要だ」と述べ、抜本的な防衛力強化の必要性を唱えた。

 政権の最重要政策と位置付ける少子化対策に関し、首相は6月の経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に一定の方向性を盛り込む考えを示した。「骨太方針までに将来的な予算倍増に向けた大枠を提示する」と述べた。立憲民主党の水岡俊一参院議員会長への答弁。

関連する人気記事

新着記事