7/18

(THU)

広国大が夏休みに市民大学 ものづくり講座に350人

  • 2023/09/15
紙コップで動く車を作り、動かして楽しむ参加者(撮影・山北)
紙コップで動く車を作り、動かして楽しむ参加者(撮影・山北)

 広島国際大学(東広島市黒瀬学園台、焼廣益秀学長)が運営する「広国市民大学」(堀隆光学長)は夏休み期間中の3日間、小・中学生にものづくりへの興味・関心を持ってもらおうと「科学・ものづくり体験イベント」を同大学東広島キャンパスと呉キャンパスで開いた。今年で10回目。

 子どもたちに人気のある「色の変わる水」や「花火の秘密」、新規にプログラミングでゲームを作成する体験講座など27講座を開講、約350人が参加した。

 最終日の8月19日には「おもちゃを作ろう」の講座を東広島キャンパスで開き、市内外の小学1・2年生ら22人が保護者と参加した。

 講師は、診療放射線学科の吉野浩生准教授が務めた。紙コップや輪ゴムなど身近にある材料を使って動く車を作った。広島市から家族3人で参加した小学3年の北村明日香さんは「自由研究にしたい」と笑顔だった。

(山北)

関連する人気記事

新着記事