7/23

(TUE)

球技の部で3600人が熱戦 第35回東広島市民スポーツ大会

  • 2023/10/08
ソフトバレーの試合で熱戦を繰り広げる参加選手(撮影・𦚰)
ソフトバレーの試合で熱戦を繰り広げる参加選手(撮影・𦚰)

 第35回東広島市民スポーツ大会の球技の部(同大会実行委員会主催)が9月24日、東広島運動公園陸上競技場(同市西条町田口)などで行われ、子どもから大人まで約3600人がソフトボール、グラウンド・ゴルフ、ソフトバレーボール、室内ペタンクの4種目に挑んだ。

 ソフトバレーボールには、各小学校区の女子27チーム・男子25チームが参加し、熱戦を繰り広げた。会場には選手の掛け声や家族などからの声援が響いていた。

 造賀チームの佐々井充さんは試合前、「週に1回練習しているメンバーでチームワークはバッチリ。楽しみながら勝負にもこだわりたい」と話していた。

 決勝は男女それぞれ3組に分かれて行われ、優勝は女子が志和、八本松、川上、男子は三ツ城、東西条、川上だった。

 今回の球技の部と6月に行われた陸上の部を合わせた結果の8位までが、9月29日の総合表彰式で表彰された。

(𦚰)

関連する人気記事

新着記事