7/23

(TUE)

パラスポーツを楽しんで 東広島でインクルーシブフェスタ

  • 2023/10/09
香西選手(手前)と車いすバスケを楽しむ参加者。写真右は湯崎知事(撮影・山北)
香西選手(手前)と車いすバスケを楽しむ参加者。写真右は湯崎知事(撮影・山北)

 障害の有無に関わらず、パラスポーツを体験し楽しんでもらおうと「インクルーシブ・スポーツ・フェスタ広島2023」が9月30日と10月1日の両日、東広島運動公園(東広島市西条町田口)をメイン会場に県内7市町で初開催された。県パラスポーツ協会などが主催。

 10月1日には、市民らが同公園で12競技を体験した。メインアリーナで開かれた車いすバスケットボール体験会には、湯崎英彦県知事と市民ら7人が参加。同競技の東京パラリンピック2020銀メダリストの香西宏昭選手らと練習や試合を楽しんだ。

 参加者は競技用車いすに乗り前進や後進、ジグザグに進むなどの操作を習い、ドリブルやシュートを練習した。香西選手は「スピードを上げて」、「みんなで協力して」などと指導し、シュートが決まると「ナイス!」と声を掛けていた。

 香西選手は、「車いすの操作やシュートが上達した時の参加者の笑顔が印象的。パラスポーツの体験イベントが増えてきているのでうれしい」と話していた。

(山北)

関連する人気記事

新着記事