7/15

(MON)

「志和地区」活性化へ道の駅構想

  • 2022/01/26

志和地区活性化に向けた住民アンケートの結果を報告

 

 東広島市志和町の志和地区活性化協議会(藤原忠治会長)は2月10日、東広島商工会議所・地域開発委員会(今谷敏彦委員長)で志和地区の活性化に向けた住民のアンケート調査結果を報告した=写真。

 アンケートでは「電車の駅が遠い」「交通機関の整備をしてほしい」などの不満や要望が多かった。協議会は志和インターチェンジ近くにバスターミナルや産直市場、飲食店などの施設が入る道の駅構想をまとめた後、誘致に向け行政に働きかけることを確認した。

 藤原会長は「アンケート調査でいろいろな問題点が明らかになった。バスターミナルなどの交通機関が第一の課題」と述べ、今谷委員長は「3年かけて協議しようやくスタートラインに立つことができた。住民の熱意がまちを変える原動力。一緒になって取り組んでいきたい」と話した。(待田)

関連する人気記事

新着記事