7/15

(MON)

広島大学の学生プラザが完成 東広島キャンパスで開所式

  • 2022/01/19

開所式でテープカットを行う浅原学長(写真正面)

 

 東広島市鏡山の広島大学(浅原利正学長)は4月6日、東広島キャンパス内に建設していた学生プラザ=写真=の開所式を行った。プラザはキャンパスのほぼ中心に位置し、通称「ぶどう池」西側の約3000平方mに建設。鉄筋コンクリート4階建て、総工事費約6億円。

 1階には学生が多目的に使用する学生フリースペースを設け、2階にはキャリア教育やアクセシビリティセンターを設置。3階には課外・ボランティアの活動、経済・留学生の支援などを行う窓口を置き、4階にはメンタルヘルス相談やカウンセリングをする保健管理センターを設けた。

 浅原学長は「建設に携わっていただいた多くの方に感謝します。学生プラザは学生主体で運営することを期待しています」と話していた。(繁澤)

関連する人気記事

新着記事