7/18

(THU)

「行きたい学校を母校に」 ノーベル学習館 竹原市最大規模説明会に210人

  • 2021/12/07

 

 私塾「ノーベル学習館」(西川敏博館長)は今年開塾50年を迎えた。同塾は1960年、竹原市に一つ目の教室を開設。現在は竹原市、東広島市、三原市で計8教室を運営している。「共に学び 共に育つ」を教育理念に指導を続け、これまで約5000人の子どもたちが巣立っている。

 「地域貢献も使命の一つ」と西川館長。塾の指導だけでなく、地元企業とのコラボレーションで高齢者の脳トレ企画を立ち上げるなど地元活性化の活動も行っている。

 9月には竹原市内では最大規模となる県内から中・高12校が参加する入場無料の学校説明会を行った=写真。210人の親子連れが訪れ、各学校の説明を熱心に聞いていた。「進路を考え、行きたい学校を母校にできるように」と制服展示や県内各地の学校案内資料を用意。「学校と家庭と地域で子育てを考える塾。これからも地域密着を目指します」と西川館長は話している。(上田愛)

関連する人気記事

新着記事