12/7

(THU)

【プロ野球】ヤクルトスカウトが七條にあいさつ

  • 2021/12/01

両スカウトとがっちりと握手する七條祐樹投手(中央)

 

東京ヤクルトスワローズのスカウト陣が11月5日、10月28日のドラフト会議で指名した伯和ビクトリーズの七條祐樹投手へのあいさつに出向いた。

 東広島市八本松町の伯和本社を訪れた鳥原公二チーフスカウトと岡林洋一スカウトが、指名の経緯などを説明。

 鳥原スカウトは「小川淳司監督からどうしても先発ができる投手が欲しいという話があった。知名度じゃなく実力で勝ち取った2位指名」と、小川監督がドラフト会議の時に使用した入場用のIDカードをプレゼントした。

 七條は「少しでも早く1軍入りして活躍できるよう、キャンプに入る前にしっかり準備したい。今と変わらず一つ一つ積み重ねて、良い結果を出したい」と意欲を語り両スカウトとがっちりと握手。

 ヤクルトの先輩投手となる岡林スカウトは「日産九州時代から見てきた。勝負所を知ったプロ向きの選手。活躍して息の長い投手になってほしい」と期待を寄せた。(福本)

関連する人気記事

新着記事