7/18

(THU)

博士課程の学生38人が挑戦

  • 2021/03/16

 

地域社会で未来を開く博士を育てていこうと、博士課程に学ぶ学生が自身の研究のビジョンや魅力を競う「未来博士3分間コンペティション」がこのほど、東広島芸術文化ホールくららで行われた。広島大学と連携する中・四国などの国・私立10大学から38人の学生が、一般市民など聴衆者236人を前に日本語や英語で研究内容を発表した。コンペティションは昨年に次いで2回目。
 学生たちはプロジェクターを使い、1枚のスライドにまとめた研究内容を説明しながら、3分間でスピーチした。
クロダイに魅せられ研究を続ける広島大大学院生物圏科学研究科の津行篤士さん(25)は、「自分の未熟さを実感。研さんを積んで世界レベルを目指したい」と話していた。  (新海)

関連する人気記事

新着記事