9/25

(SUN)

マンサク街道

  • 2018/03/18
  • 2021/11/10

2月20日、豊栄町で撮影

 

 マンサクは冬の名残のある山野で木々の芽吹きも始まらない季節に黄色い花を咲かせる樹木で、樹高は5~10m。山で一番早く花を咲かせて春の訪れを告げる木で、名前の由来も「先ず咲く」からきているといわれています。県道29号線(豊栄、吉田線)の向原手前500mにわたってマンサクの群生地があります。最近、このマンサクが枯れる被害が各地で発生し枯れてなくなってしまうのではと心配されています。マンサクが希少種とならないよう願うばかりです。

 (フォトリポーター 井川良成)

関連する人気記事

新着記事