7/15

(MON)

ミツマタ(三椏)

  • 2021/10/20

3月16日、東広島市西条町で撮影

 

 ミツマタは和紙の原料となるので、かつては広く栽培されていました。その名残り株が野生化して里山に点在しています。名前の通り枝が分かれて股状なる場所で几帳面に三つに分かれます。したがって2年経過すると1本の枝から股は四つ、枝は12本になります。古い木では枝が複雑に交差していて、カウントする気になれません。上品な香りがするので、撮影している間、ハッピーな気分になりました。

(フォトリポーター 船越雄治)

関連する人気記事

新着記事