2/9

(THU)

東広島に、この企業あり! メルボ紳士服工業㈱広島工場(高屋町大畠)

  • 2020/06/04
  • 2023/01/11

豊かさと感動を贈るメルボクオリティーの創造

▲2階から1階へと生産ラインが組まれ、各フロアにミシンやアイロンが整然と並ぶ。ラインに流れるボックスの色で進行状況が誰でも確認できる

▲工場に生地をストックし、あらゆるオーダーに迅速に対応

 メルボ紳士服工業広島工場(東広島市高屋町大畠)は、ヨーロッパの超一流ブランドの縫製や、グループ会社が展開する「麻布テーラー」などのオーダースーツ縫製を手掛け、半世紀にわたって伝統と技術を継承している。

 生地の裁断は機械で精密に裁断する一方、柄のある生地や細かいパーツなどの場合は人の手で丁寧に裁断する。縫製では各工程でアイロンとミシンを繰り返し、数ミリ単位の調整をしながら立体的なシルエットに組み上げていく。最終工程では、特殊なプレスマシンで上着全体に膨らみを持たせ、人の手で細かくアイロンをかける。〝人の手〟によって作り上げていく。

 広島工場のファクトリーブランド「安芸上着」では、伝統的な仕立て方で「着ているときに美しい」形を目指している。ウール100%の国産素材を使用。ウール本来の強いハリ・コシに加えて美しい光沢を実現した。


MAKING

人の手で裁断 光る熟練の技

 数枚の布を重ね、刃型を使って人の手で裁断する。寸法に狂いがないように裁断するのは、簡単そうに見えて熟練の技。


BRAND DETAIL

シンプルなデザインに深み オリジナル「安芸上着」の魅力

 生地メーカーと共同開発したウール100%の国産素材を使用。美しい形を支えるのは、肩から裾まで前身頃をカバーする総毛芯。着心地が硬くならないよう、毛芯や内部付属は軽量のものを選んだ。しっかりとしたシルエットで軽やか、という2つの魅力を実現させている。


BRAND POINT

伝統的な仕立て 随所にこだわり

 安芸上着には、随所に同社のこだわりが。表地を内ポケットの周りにまで使った剣台場仕様。見えない部分にも昔ながらのディテールを取り入れている。また、ボタンは全て、高級感のある水牛ボタン。着用する人の年代やシーンを問わないジャケット。

関連する人気記事

新着記事