7/6

(WED)

東広島市立美術館「PIXAR(ピクサー)のひみつ展」が2月11日から開催! 会場内と見どころを紹介

  • 2022/02/11
  • 2022/04/27

東広島市立美術館で2022年2月11日から開催される「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」の内覧会が2月10日に行われました。展示会場の様子や、展覧会の魅力を東広島デジタル編集部がご紹介します。

「PIXAR(ピクサー)のひみつ展」が東広島市立美術館で2月11日から開催

東広島市立美術館ピクサー展

東広島市立美術館でPIXAR(ピクサー)のひみつ展が開催

東広島市立美術館では、「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が2022年2月11日から開催されています。

PIXAR(ピクサー)のひみつ展について

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」は、長編映画『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』を手掛けるピクサー・アニメーション・スタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会です。

中四国地方で初開催

PIXARのひみつ展は、アメリカを皮切りに、累計200 万人以上を動員した人気の企画展です。

日本国内では東京、新潟、大阪、福岡、名古屋で開催されており、中四国地方では東広島市立美術館が初開催となります。

東広島市立美術館の「PIXARのひみつ展」会場内

ピクサー展の会場

実際のアニメーション制作のカギとなる8つの工程について知ることができる「PIXARのひみつ展」。会場では、見て触りながらPIXARアニメーションを支える科学について学べるハンズオン展示をたのしむことができます。

PIXARのひみつ展の順路

東広島市立美術館で行われる「PIXARのひみつ展」は、3階から2階に進む順路になっています。

東広島市立美術館ピクサー展の入口

1階で受付をして3階に上がり、まずはシアタールームでオープニング映像を視聴。

映像を見た後、展示エリアへ移動すると、入り口で使い捨て手袋が配布されました。

展示ルーム前

PIXARのひみつ展では実際に触れてたのしむ展示物があるため、感染症対策としてアルコール消毒のほかに、使い捨て手袋を着用します。

東広島市立美術館3階の展示

東広島市立美術館3階では、ピクサーのアニメーション制作の3の工程についての展示を楽しむことができます。

ピクサーのキャラクター

モデリング

美術館3階の展示会場に入ってすぐ、『トイ・ストーリ』のバズ・ライトイヤーが出迎えてくれました。このブースでは、キャラクターデザインの「モデリング」についての展示がたのしめます。

 

リギング

『モンスターズ・ユニバーシティ』のマイクとサリーが展示されている「リギング」のブース。リギングは、キャラクターの骨や関節など、体のパーツの動作を決める工程です。

ピクサー展の会場サーフェイス

サーフェイス

髪や服などの外見、オブジェクトの表面をつくり、素材の質感を表現する「サーフェイス」の工程。PIXARのひみつ展では、『カーズ』の作品に触れながらサーフェイスの体験ができます。

ピクサー展のセットアンドカメラ

セット&カメラ

ピクサー映画のシーンにあったセットをデザインする工程の「セット&カメラ」では、カメラアングルやレンズタイプを決定します。このブースには、『ウォーリー』のハンズオン展示がありました。

ピクサー展のアニメーション

アニメーション

ピクサーのキャラクターに演技をつけてストーリーに生命が吹き込まれる「アニメーション」。ハンドルをまわすとアニメーションがコマ送りで再生される展示や、ストップモーションのアニメーションがたのしめる展示があります。

東広島市立美術館2階の展示

東広島市立美術館2階のハンズオン展示は、3つの工程についての内容。

ピクサー展のシミュレーション

シミュレーション

「シミュレーション」は、キャラクターの髪の毛や毛皮、衣類など、本物の動きをプログラミングをする工程です。ここでは『メリダとおそろしの森』の映像でシミュレーションを体験できます。

ピクサー展のライティング

ライティング

演出に必要なバーチャル照明をつくる工程の「ライティング」。このブースには、『ドリー』や『カールじいさんの空飛ぶ家』の照明演出を体験できるハンズオン展示がありました。

ピクサー展のレタリング

レンダリング

すべての制作工程を最終的な2Dイメージに仕上げてアニメーションを作り上げる「レンダリング」。展示されている『インサイド・ヘッド』のレンダリング工程を見ることができます。

グッズ販売

ピクサー展のグッズ

グッズは東広島市立美術館2階のアートギャラリーで販売。

本やマグカップ、トートバッグなど、ピクサーのキャラクターがデザインされたグッズは種類がとても豊富でした。

「PIXARのひみつ展」の見どころ

キャラクターと写真撮影

模型やイラストなどが展示されている「PIXARのひみつ展」は、シアタールーム以外は撮影可能です。ピクサーのキャラクターと一緒に記念写真を撮ることができます。

ハンズオン展示

ハンズオン展示には音声案内のボタンや、映像が流れるモニターがあり、音声と映像でアニメーション制作について解説してくれます。作品の舞台裏を知ることができる展示物は見どころです。

「PIXARのひみつ展」概要

東広島市立美術館の入り口

中四国地方で初開催となる、「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」は、2022年2月11日から東広島市立美術館で行われます。3月27日まで会期中は無休で開催されるので、ぜひ足を運んでピクサーのひみつに触れてみてください。

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」

開催会期

2022年2月11日(祝日)~3月27日(日)

※会期中無休

時間

9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)

会場

東広島市立美術館

東広島市西条栄町9-1

観覧料

一般1500円

高大生1200円

小中学生800円

※後期高齢者医療被保険者証・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられている方は無料。

(写真・文:東広島デジタル編集部)

 

関連する人気記事

新着記事