7/1

(FRI)

東広島の養蜂家「ウラ庭」を紹介。 キッチンカーではちみつスイーツを販売する移動カフェ

  • 2022/03/12
  • 2022/04/27

東広島でニホンミツバチの養蜂を行いながら、はちみつを使用したワッフルとフルーツ飴をキッチンカーで販売している移動式カフェ「養蜂家ウラ庭」。気になるはちみつスイーツやウラ庭について、東広島デジタル編集部がご紹介します。

東広島の養蜂家「ウラ庭」を紹介。 キッチンカーではちみつスイーツを販売する移動カフェ

養蜂家ウラ庭

養蜂家のキッチンカー「ウラ庭」について

東広島の養蜂家「ウラ庭」は、希少なニホンミツバチの養蜂をしながら、キッチンカーではちみつを使ったスイーツやフルーツ飴を販売している移動式カフェです。週におよそ2~3回ほど、東広島を中心とした県内の各スポットで出店しています。

ウラ庭のキッチンカー

取材をした2月26日土曜日には、東広島市福富町の「道の駅湖畔の里福富」にキッチンカーが来ていました。

目印の赤いキッチンカーのそばには、りんご飴と書かれたのぼりが立っています。

ウラ庭のキッチンカー

キッチンカー横のメニュー

キッチンカーの横には、その日のイチオシメニューが張り出されています。

メニューは出店場所や仕入れに合わせて変化することもあるそう。

この日のイチオシメニューは気まぐれワッフルやはちみつレモン、りんご飴でした。

ウラ庭のはちみつスイーツを紹介

養蜂家のキッチンカー「ウラ庭」のおすすめスイーツをご紹介します。

ウラ庭のスイーツ

おすすめの気まぐれワッフル

ウラ庭のメニュー「気まぐれワッフル」は、出店時でメニューが変わるそう。今回はさつまいもが入ったおいものワッフルでした。

ウラ庭のワッフル

おいものワッフル(Mサイズ) 税込み380円

ワッフルには、ふんわりとしたホイップクリームがたっぷりと挟まっています。さつまいもはペーストになっていて、甘いクリームと一緒に食べるとおいしい。もっちりとした弾力が感じられるワッフル生地は、食べ応えもあって満足感たっぷりでした。

おしゃれなドリンク

ウラ庭のドリンク

夕焼けモクテル 税込み450円

夕焼けモクテルは、はちみつレモンの上にバタフライピーティーを注ぎ、夕焼けの色合いを表現したウラ庭のおすすめドリンクです。

青色が特徴的なハーブティーのバタフライピーが、レモンの酸性に反応して紫色に変化することで、あざやかなグラデーションになるそう。

甘いはちみつとレモンの酸味が、はなやかなバタフライピーティーの風味と合わさって、すっきりとした味わいでした。

りんごのフルーツ飴

ウラ庭のりんご飴

りんご飴 税込み500円

ウラ庭のフルーツ飴はいちごやみかんなどもあり、なるべく旬のフルーツを使った飴を販売しています。

この日販売していたのは、こぶしサイズのりんご飴。

旬のもので作るフルーツ飴は仕入れなどの関係によって、出店時に販売していない場合もあるそうです。

ウラ庭のメニュー

ウラ庭のメニュー

キッチンカーのウラ庭では、ワッフルやドリンクのメニューの種類が豊富。

ワッフルは手頃に食べられるMサイズが人気で、フルーツ飴と一緒に購入する方も多いそうです。

また、キッチンカーでは食べ物のほかにも雑貨の販売も行っています。

東広島の養蜂家「ウラ庭」の取り組み

東広島で養蜂をしながらキッチンカーではちみつスイーツを販売している養蜂家のウラ庭。

養蜂とキッチンカーでの出店や販売など、すべてひとりで行っているオーナーの方にお話しを聞きました。

養蜂とキッチンカーを始めたきっかけ

オーナーさんが雑貨を作って販売していたところ、縁があって日本蜜蜂を譲ってもらったことから養蜂を始めたそう。東広島で養蜂をして採れた蜂蜜を地域の人たちに届けたいという思いから、2021年7月からキッチンカーでの出店を始めました。

りんご飴を作る様子

フルーツ飴は2022年から販売を始め、なるべく東広島の旬のフルーツを使って作っているそうです。

「東広島の食材を使って、地元のためになるような活動を続けていきたい」と笑顔で話す気さくなオーナーさん。今後は養蜂とスイーツ販売のほかにも、東広島でハンドメイドマーケットやフリマなどのイベント開催も考えているそうです。

今後の出店予定

出店の予定や販売メニューについては、ウラ庭のInstagramlink-out.png の投稿から事前に確認することができます。

ウラ庭のキッチンカーを見かけた際には、ぜひおいしいスイーツを味わってみてください。

(写真・文 Natsumi)

2022年、カフェ巡りはいかが? 東広島のカフェ情報【まとめ】

関連する人気記事

新着記事