2/24

(SAT)

1年経ったらど~なるの?

  • 2023/07/12

【ママからの相談】

 子ども(5歳)がスイミングに行きたいと言っています。どのくらいで習得できるものなのか、習わせる前に知りたいです。

保護者の声

 お姉ちゃんは水が苦手、妹は喘息だったので、スイミングで苦手を克服し体力もつけてほしいと思い入会しました。初めは泣いていましたが、楽しいレッスンのおかげで今は二人とも笑顔で通っています。
 また、毎日お風呂の中で練習している姿を見るとうれしくなります。 (ちゆきちゃん4歳、ちさきちゃん3歳)


保護者の声

 顔をつけることしかできなかった子どもたちですが、1年間で、もぐったり、浮かんだりできるようになりました。
 子どもたちが率先してプールに行きたがっているので、自主性が育まれて良かったと思います。(はるくん8歳、てるくん5歳)


「楽しく上達」3つのポイント!

教えてくれたのは
ルネサンス東広島 スイミングコーチ
高村洋介さん

1.できるところから段階的にやってみよう!
2.子どもがチャレンジしたことは褒めてあげましょう!
3.練習は、途中で投げ出さず、長く続けることが大事!


夏前になんとかしよう!〝脂肪燃焼〟ボディに!

基礎代謝を増やし、痩せやすい体質に!

▼基礎代謝量を増やす

 痩せたいけど…。リバウンドしてしまった…。 そんな方に! ダイエットに有力な方法を、東広島市西条町御薗宇、スポーツクラブルネサンス東広島のフィットネスチーフ山本幸司さんに聞きました!
 食べる量を減らすと体重が減るのは当たり前ですが、リバウンドもしやすいです。大事なのは、食べる量を減らさなくても、理想の体をキープできるような体質にすること。「食べない」ではなく、ちゃんと食べて動くこと。
 年齢を重ねるごとに、基礎代謝量は落ちていきます(若くても代謝が落ちる原因はあります)。ダイエットに重要なのは、「基礎代謝量」=「筋肉量」を増やすことです。筋肉量を増やす運動をすることで、食事の量を減らさなくても太らない体を作ることができます。「食事制限なく、しかも、太らない!」。
 食事の量が多いのに、痩せている人はいませんか。その人が太らないのは、基礎代謝量が高く、脂肪を燃焼しやすい体になっているからです。
 基礎代謝量を増やすには「無酸素運動(筋トレや短距離走などの激しい運動)」が欠かせません。
 合わせて、有酸素運動を行うと短期間で効率よく痩せやすい体を作ってくれます。

太りやすくなる原因

①ストレス
②運動不足
③ホルモンバランスの乱れ
④蓄積したセルライト など

脂肪を燃やす代謝の3つのポイント

教えてくれたのは山本幸司さん
ルネサンス東広島フィットネスチーフ
ADIDAS FUNCTIONAL TRAINING TRAINER

 まずは、できることから実践することが成果のポイントです。成功経験を重ねて、やり抜くことが大切です。

point1 痩せる食生活

朝食の前に「果物」! ビタミン・ミネラルなどが豊富なので、空腹時に摂取するといいでしょう!

point2 痩せる運動

筋トレ→スクワット・腹筋・背筋を10分程度(筋トレをしない日は、20~30分のウォーキング)

point3 痩せる生活習慣

早寝早起きや、お風呂にしっかり浸かることが大事。ストレッチやウォーキングも効果的!

新着記事