10/6

(THU)

ヤマシタ工房でジビエを食べたら臭みがなく軟らかだった!【東広島グルメリポート】

  • 2022/09/16
  • 2022/10/01

おいしいもの大好きあん子です。最近、野生動物の肉「ジビエ」にはまってます。「ジビエは臭くて硬い」というイメージを持つ人が多いと思います。筆者もその一人でしたが、そのイメージががらっと変わりました…、東広島市豊栄町のヤマシタ工房で。臭みがなくて、軟らかかったんです! いや~、びっくりしたな~。それと鶏の唐揚げもびっくりするくらいおいしかったです。

ヤマシタ工房の場所とメニュー

ヤマシタ工房は東広島市豊栄町清武13-3
西条からだと車で約40分。
ショージ豊栄店の向かいにあるので、分かりやすいです。


今年1月にオープン。

ヤマシタ工房

店主の山下さんは和食料理人。山下さんをモデルにしたキャラクターが描かれたこちらの看板も目印になります。

定食を中心にしたメニューがずらり。

ヤマシタ工房

ジビエや季節に合わせた期間限定のメニューもあります。

ヤマシタ工房

このほか、メニューにはないものでも、材料があれば対応してくださるそうです。料理人だからこそのうれしいサービスですね。

イノシシ肉がおいしくてびっくり

いただいたのはイノシシロース肉のステーキ1300円。

ヤマシタ工房
プラス200円で、白飯、汁、小鉢が付きます

同じ豊栄町にある東広島ジビエセンターで処理・加工された「栄肉(さかえにく)」ブランドのイノシシ肉です。

塩コショウをして表面を焼いたあと、ゆっくりと3分ほど火を通すだけというシンプル調理。山下さんによると「新鮮な肉で、臭みがないから、シンプルに焼くだけでもおいしい」とのこと。

肉はピンク色です。

とはいえ、これまでの経験で「イノシシ肉は独特の臭みがあって硬いもの」という強いイメージがあります。

半信半疑で一口ぱくり…

ヤマシタ工房

え?え?え?
本当に臭みはないし、やわらか!!!!!!

びっくりです!!!!!

味、食感は、鶏とも豚とも牛とも違う。自然な甘味を感じます。

脂身が分厚くありますが、さらっとしていて歯切れがよく、軽いです。

面白いです。

塩やワサビをちょんと付けて味に変化。ワサビを付けると、肉の甘みが引き立つから不思議。
(いや~、ビールのあてにぴったりだ~)

付け合わせのトマトは薄蜜漬けで、甘くてとてもおいしかった!
職人技が光ります。

鶏の唐揚げがおいしくてびっくり

ヤマシタ工房でびっくりしたことがもう一つ。

鶏の唐揚げ(430円)がとってもおいしかったこと!

入り口すぐのレジ横にあるテイクアウトメニュー。

ヤマシタ工房

山下さんに聞くと、唐揚げには7種類以上の調味料などが使われていて、ファンも多いそうです。

ヤマシタ工房

揚げたて、熱々をいただきます。

おぉ、さくっとジューシー!
この深い味わいをうまく言葉で表せなかったのですが、調味料が鶏のうま味をしっかり引き出しているように感じました。

ヤマシタ工房
じゅわ~

筆者的には、コスパが良い!
また食べたいな~。

惣菜は220円~。全て手作りです。

ヤマシタ工房

営業時間は11時00分~20時30分(食事は11時30分~)。夕方の時間帯も開いているので、夕食のおかずに購入してもよいですね♪

弁当は590円。電話予約も可能です。

気になった方は、ヤマシタ工房へレッツゴ~。

営業時間などはこちら


文・写真 あん子

関連する人気記事

新着記事