10/2

(SUN)

【新店】黒瀬町のタコス屋カルーアのおかわりしたくなるタコス【東広島グルメリポート】

  • 2022/09/22
  • 2022/10/01

おいしいもの大好きあん子です。タコス屋「Karua(カルーア)」が2022年9月3日、東広島市黒瀬町にオープン。さっそく行って食べてみると…、何個でもおかわりしたくなるタコスでした~。

目次

目次

 

カルーアの場所

カルーアの住所は東広島市黒瀬町乃美尾1668-6


団地の中にありますので、より一層、安全運転で走行したいですね。

こちらののぼりが目印。

住宅の一部を店舗に改装されています。

タコスカルーア

こちらが店内。

入ってすぐ右側に手洗い場。靴を脱いで上がります。
6~7席あります。

駐車場は家の前に3~4台がとめられます。

店主の坂本利也さんは、メキシコで食べたタコスの味が忘れられず、20数年前に自身でタコス作りを開始。地元のイベント、自宅で不定期販売してきました。

そのころからのファンもいて、「知る人ぞ知る」タコスなんです。

定年退職を機に店をオープンされました。

カルーアのメニュー

カルーアのメニューがこちら。

タコスカルーア

タコス 200円
タコライス 700円
シフォンケーキ 200円
ドリップコーヒー 300円
アイスコーヒー 300円
ソフトドリンク 100円

さてさて、お目当てのタコスを注文。

タコスカルーア
タコス200円(ジューシー、サラダ感覚、おいしい!)

トルティーヤの上にキャベツの千切り、タコスミート、サルサソースがのっています。

ぱくり。

トルティーヤに包まれた具材が、うま~くマッチング。おいしい!

印象に残ったのは、サルサソース。とってもさわやかで、癖になる味です。
材料を聞くと、トマト、ハラペーニョ、セロリ、タマネギ。
甘くて味が濃いと評判のアグライズのトマト、自家栽培のハラペーニョを使っているそうです。

ハラペーニョ入りですが、辛くはありません(筆者的に)。

一度に2~3個注文するお客さんも多いとか。その気持ち分かります。何個でもおかわりしたくなるタコスです(私、お店で1個食べて、4個をテイクアウトしました)。

坂本さんは「肉と野菜のバランスがよく、ハラペーニョの香り高いタコスでリフレッシュして、元気を出してほしいですね」と話していらっしゃいました。

同じ具材を使ったタコライス。

タコスカルーア
タコライス700円(ボリュームがある!!)


こちらはシフォンケーキ(プレーン)。手と比べてみてください、大きいんです!
これで200円とは、うれしい限り。

タコスカルーア
シフォンケーキ200円

コーヒーは、店主夫妻が大好きだという「寄田珈琲研究所」(西条町田口)の豆を使用。

タコスカルーア
シフォンとコーヒーで500円(リーズナブル!!)

坂本さん夫婦が大切にしているもので作られているカフェ。「食べるだけでなく、コミュニティーの場にもなれば」とにっこり。


癖になるタコスとすてきな雰囲気のカフェでした。


営業時間などはこちら

文・写真 あん子

関連する人気記事

新着記事