12/9

(FRI)

東広島市志和町にある「安芸の山里農園はなあふ」の野菜の自動販売機

  • 2022/09/11
  • 2022/09/15

東広島市志和町の「安芸の山里農園はなあふ」にある、野菜とたまごが買える自動販売機。有機栽培・自然農法で栽培された、新鮮な野菜を購入することができます。

目次

目次

 

東広島市志和町にある野菜が買える自動販売機

東広島市志和町にある野菜が買える自動販売機

自動販売機がある場所は、東広島市志和町志和西1448。
志和龍城認定こども園の隣、「安芸の山里農園はなあふ」に設置されています。

野菜とたまごの自動販売機

野菜とたまごの自動販売機

野菜は毎日補充されているため、いつでも新鮮な野菜を味わうことができます。タイミングが悪く、この日は野菜があまり残っていませんでしたが、今の時期は、ミディトマト・ピーマン・オクラ・キュウリなどがあるそうです。野菜のほかにも、玄米餅やバタフライピーなどを不定期で販売しているそう。野菜の自動販売機の隣には、福富町のはやしなちゅらるふぁーむの自然養鶏卵が買える自動販売機もありました。

はなあふの野菜を自動販売機で購入

はなあふの東広島青なす

自動販売機では100円硬貨のみ使用することができます。
筆者は気になる「東広島青なす」(150円)を購入。
きれいな黄緑色の青なす。
そして大きい!20センチ以上あります。
実は青なすを食べるのは今回が初めて。
どんな味、どんな食感がするのか楽しみです。

トロトロ食感の東広島青なす

東広島青なすのステーキ

自動販売機で購入した東広島青なすのパッケージにはおすすめの調理方法が書いてあり、「ステーキ」でいただくことに。
シンプルに、塩コショウと醤油のみで味付けしてみました。
ん-!本当にトロトロ食感でおいしい!
なすの旨みがじゅわっと溢れます。
次は煮物や天ぷらにして食べてみたいです。

自然農法で栽培する「安芸の山里農園はなあふ」の野菜

東広島市志和のはなあふ

野菜とたまごの自動販売機を設置したのは、安芸の山里農園「はなあふ」さん。
作物は、農薬や化学肥料に頼らず、志和町の自然環境のもと、自然の仕組みを最大限に生かした自然農法でじっくりと育てています。

「はなあふ」とは、春・夏・秋・冬の季節の頭文字。日本の四季、その暮らし方・生き方を大切にする心を目指して名付けられたそう。
はなあふさんが大事に育てた、新鮮でおいしい野菜をぜひ味わってみてください。

はなあふ
東広島市志和町志和西1537-1
082-401-3296
安芸の山里農園はなあふのホームページ


関連する人気記事

新着記事