3/3

(SUN)

丸赤ジャガイモを使用「これっうどんじゃがー」 ふるかわストアーが製造

  • 2022/04/26

 

 「丸赤ジャガイモをうどんに練り込んだ新しい名産ができました」と話すのは東広島市安芸津町風早の商店「ふるかわストアー」の古川和之社長。

 安芸津の赤土で栽培し、全国で有名な「丸赤ジャガイモ」をペースト状にし小麦粉と合わせて製造。1食分に約30gの丸赤ジャガイモが入っており、商品名も「これっうどんじゃがー」。
 半生めんで鍋に550ccの水を入れて沸騰させ5~8分ゆでる。鍋にはめんに付いているだしを入れ、ひと煮立ちすれば出来上り。鍋一つで調理は簡単。手軽さが特徴。高齢者や子どもでも食べやすい細めんのつるっとした食感。

 「約20年前、店のスタッフが出場したJA主催のジャガイモ料理コンテストで優勝。このときのレシピがうどん。今回これを採用。パッケージにもこだわり、安芸津の土産として人気が出ればうれしいですね」と古川社長。1袋2食入り500円。問い合わせ・購入は同店0846(45)0130へ。(上田愛)

関連する人気記事

新着記事