5/18

(SAT)

14人が思いや夢を堂々と 第7回小中学生スピーチコンテスト

  • 2021/06/02

「第7回東広島市内小・中学生スピーチコンテスト」(ITC—Jひがし広島クラブ主催)が2月4日、東広島市西条西本町のサンスクエア東広島アザレアホールで開かれた。

 

コンテストには、市内から選ばれた小学生7人と中学生7人が出場。小学生が3分以上5分以内、中学生が4分以上6分以内と限られた時間で、自分の思いや夢を堂々と主張した。

 

小学生の部1位には、「東広島こどもボランティアガイド」として酒蔵通りの魅力を発信する中で、自分自身の気持ちを伝えることの大切さに気付いたことを主張した、西条小6年・井口聖人君が、中学生の部1位には、部活動を通して、練習や、自ら進んでやることの大切さを学んだことを伝えた、松賀中1年・松本静句さんがそれぞれ選ばれた。

 

井口君は「文章を書いて読むのとは違う難しさがあった」、松本さんは「自分の思いや感じていることをいろいろな人に伝えることができて、晴れやかな気持ち」と喜んでいた。
(茨木)

関連する人気記事

新着記事