10/2

(SUN)

【西条土曜夜市】売上の一部を市に寄付 豪雨災害の復興に役立てて

  • 2018/11/15
  • 2020/10/28

19年ぶりに復活した西条土曜夜市


 今年8月に西条土曜夜市を開いた同祭実行委員会(太田裕人実行委員長)はこのほど、西日本豪雨災害からの復興に役立てて、と義援金15万円を東広島市に寄付した。太田裕人委員長と地域ブランド研究社の平原秀則代表が、東広島市役所を訪問。高垣広徳市長に寄付金を手渡した。太田委員長は「未来の東広島市につながることだと信じて開催した夜市の売上の一部。東広島の復興に役立ててほしい」と話していた。

 西条土曜夜市は、かつて西条駅前の商店街で開かれていた「土曜夜市」を復活させ、子どもたちに楽しい思い出をつくってもらおう、と実行委員会が中心となって企画。市中央生涯学習センター跡地のにぎわい広場を会場に開かれた。15団体が屋台やステージで参加し、2日間で延べ約6000人が訪れ、にぎわった。会場内に設置したたる募金と、同委員会が運営した子ども屋台の売上の一部を義援金として寄付をした。
(山名)

関連する人気記事

新着記事