4/21

(SUN)

「広島Salire」が大会優勝と日本代表選出を報告

  • 2020/08/24

広島県車椅子ソフトボールチーム「広島Salire(サリーレ)」のメンバー4人が3月4日、高垣広徳東広島市長を表敬訪問。第7回北九州車椅子ソフトボール大会のDivision2で優勝したことと、同チーム所属の江南聖さんが2020ワールドシリーズの日本代表に選出されたことを市長に報告した。

 

選手代表の吉田誠さんは「前回は惜しくも同大会のDivision2で準優勝だったが、今回は優勝できた。チームとして過去最高の成績を収められてうれしい。来年こそはDivision1で優勝したい」とあいさつ。高垣市長は「これまでの経験を生かし、これからも障害者スポーツの普及に貢献してほしい。広島Salireの今後の発展と、江南さんの世界大会での活躍を祈っている」と激励の言葉を掛けた。(小松)

サリーレ

高垣市長(左手前)に優勝の報告をするサリーレのメンバー

 

関連する人気記事

新着記事