8/13

(SAT)

東広島WLCが東広島市立美術館にポスターケースを寄贈

  • 2020/03/26
  • 2020/08/24
東広島ウエストライオンズクラブ(原田省三会長)は創立45周年記念の一環として、11月に開館する東広島市西条栄町の東広島市立美術館にB1版ポスターケースを2台(約320万円相当)寄贈した。

  原田会長たち4人は3月4日、市役所を訪問。原田会長が高垣広徳市長に目録を手渡した。高垣市長は「寄贈していただいたポスターケースによって、多くの方を美術館へいざなってくれるものと思う」と感謝した。   ポスターケースは、幅93㌢、高さ210㌢、厚み15㌢。照明付きで強化ガラスを使用している。   新美術館の東側、ブールバール沿いに設置され美術館の展示作品を告知するポスターなどを、1台に2枚ずつ、それぞれ表が見えるように重ねて入れることができる。原田会長(77)は「美術館の行事を確認するなどして、たくさんの人に活用してほしい」と話していた。(石田)

関連する人気記事

新着記事