5/17

(TUE)

【東広島市】復旧の進行状況公表。7項目で達成率100%、農地や河川は遅れ

  • 2020/07/18
  • 2020/08/29

豪雨災害復興

 

 東広島市は、西日本豪雨災害から2年を経ての復旧・復興プランの進行状況(6月末時点)を公表した。

 市では、「暮らし」「産業基盤」「インフラ」の3分野で14項目にわたって、工事の契約を終えた「達成率」を公表。宅地内の土砂撤去や災害廃棄物の処理など、7項目で100%の達成率になった。一方で、農地や農業用施設は40%の達成率に、河川・道路などの公共用施設は59%の達成率に、それぞれとどまった。

 農地や河川、道路などの工事の遅れは、施工業者の不足などによる入札不調が発生したため。このため、市外業者も加え復旧・復興に取り組んできた。また、今年度に入り農地や農業用施設の再査定業務を完了、農災対応担当者やロードマップ担当者を地域ごとに配置し、集中的に発注できる人員体制を整備した。

 7月2日、記者会見した高垣広徳市長は「(復旧工事は)今年度中に全ての契約を終え、来年度中に全ての工事を完了できるようにする。そのための有効な対策を講じていきたい」と話していた。

 

====================
【関連記事】
>「復旧・復興 一歩一歩確実に」西日本豪雨から2年、東広島市で追悼式

 

関連する人気記事

新着記事