9/27

(TUE)

【西條鶴】新米による新酒の仕込み🍶

  • 2020/11/01
  • 2020/11/02

「酒都」西条の各酒造メーカーでは、本格的な酒造りのシーズンを迎えました。

 

西條鶴_新酒4

 

酒蔵通りにある西條鶴醸造でも、24節気「霜降」の日の10月23日に新米新酒の仕込みが始まりました。

 

西條鶴_新酒1

 

 

蒸し上がった酒米から白い湯気と米の炊きあがったふんわりとした香りが高く立ち上がり蔵の中に漂っています。

 

西條鶴_新酒3

 

中生新千本の酒米400㎏を1時間かけて蒸し 、蒸気が抜けた1時間後に水やこうじなどの入った6000Lのタンクに入れ3m程の「櫂(かい)」と呼ばれる棒で杜氏(とうじ)が丁寧にかき混ぜます。

 

 

23日仕込んだ酒は12月1日より

「新酒、しぼりたて」純米生原酒として販売されます。

 

西條鶴_新酒5

 

仕込み量は、1.8L瓶で5万本。宮地充宣杜氏は「とにかく米の味とうま味が凝縮され酸味と甘みのバランスのとれたスマートな感じ を目指して造りたい」と力強く語られました。

 

「酒は百薬の長」、早く新酒で乾杯したい時期になりました🍶

(フォトリポーター:井川良成)

 

撮影日:令和21023

西條鶴 東広島市西条本町917

 

 

関連する人気記事

新着記事