2/9

(THU)

輝きいろいろ~東広島のリーダー&ときの人訪問~【JICA中国所長 三角幸子さん】

  • 2020/12/07
  • 2021/02/27

東広島で活躍するリーダー・ときの人に話を聞く『輝きいろいろ』✨

 

今回は国際協力機構中国センター(JICA中国)所長の

三角 幸子 さんにインタビューをしました。

 

三角さん

 

《ジャイカ中国》とは…

ジャイカの全国に15カ所ある拠点の一つ。中国地方5県での開発途上国への国際協力を担う拠点として、途上国からの研修員の受け入れや、途上国への海外協力隊の派遣などさまざまな事業を展開している。

 

 

―この仕事に就いたきっかけは

 

開発途上国で国際協力に携わる青年海外協力隊員に憧れていました。

ただ、私には現地に役立つ技術がなく、海外協力隊を募集している組織への就職もありかなと(笑)

 

もう一つは、ちょうど男女雇用機会均等法が施行の年の就職で、男性と同じように働きたい思いがあったこと。

 

法律を遵守する立場にある公的機関なら願いがかなうかも 、とジャイカを選びました。

 

 

―思い描いた通りの職場でしたか

 

驚いたのは、女性はお茶くみが当たり前だった時代に、一度も「お茶を出して」と言われなかったことですね。

 

男女に関係なく出張にも行けましたし、女性だから、と特別扱いしない職場で恵まれていたな 、と思います。

 

 

―海外勤務も経験されています

 

マレーシアに3年、パキスタンに4年です。

お国が変われば文化も違うように、両国では女性が働く環境も大きく異なっていました。

 

マレーシアでは、女性の社会進出は当たり前で、役所でも多くの女性が公務員として働いていました。

 

一方、パキスタンでは、女性が社会で活躍することを願うような風潮はまだまだ乏しく、女性が働く場所は限られていました。

 

同じイスラム教の国であっても、大きな違いがあることに驚きましたね。

 

三角さん3

 

 

―海外勤務を経験して得たことは

 

考え方が変わったことです。パキスタンの事務所に勤めていたとき、現地のパキスタンスタッフの口ぐせが「エンジョイ、トラブル!」

 

トラブルがあっても楽しまないと、という意味ですが、私にとっては忘れられない言葉になりました。

気持ちの持ち方一つで、何でもプラスに変えることができることを実感しました。「エンジョイ、トラブル」は、今では私の座右の銘になっています。

 

 

―今、力を入れていることは

 

中国地域には、少子高齢化の課題に取り組む自治体が多く、その知見は途上国の課題解決のヒントになります。

 

一昨年、地方創生のトップランナーとして知られる島根県の海士町と、中国地方の自治体とは初の連携協定を結びました。

 

今後も多くの自治体と連携し、それぞれの地域の強みや成功事例を途上国の発展や学びに生かしていきたい、と思っています。

 

三角さん2

 

 

―東広島市へはどんな思いを

 

ジャイカが開発途上国で行っている取り組みは、全て、誰一人取り残さない世界の実現を目指すSDGs(持続可能な開発目標)につながっています。

 

今回、国際学術研究都市を目指す東広島市がSDGs未来都市に選定され、方向を共にする強力なパートナーを得たと実感しています。

連携を強化し、ともにSDGsの取り組みを加速していきたい ですね。

 

 

―SDGsは市民にはなじみが薄いのが実情です

 

ジャイカでは、国連が2015年にSDGsを採択したときから、SDGsにどう取り組んでいくか議論してきました。

 

SDGsを浸透させていくためには、経済団体が旗振り役となり、民間企業が先導する方向に持っていくこと がポイントです。

というのも、多くの企業は、既に取り組んでいる事業がSDGsに直結しているからです。

 

もう一つは、高校や大学の入試でSDGsのことが出題される こと。私の肌感覚では、そんなところから浸透するものだと思っています。

 

 

―若い人たちにメッセージを

 

昔と比べると、世界に目を向けることができる選択肢は増えています。ジャイカの事業の一つである海外協力隊もその一つ。

 

海外に行くことに「どうしようかな」と悩むのだったら、行動しましょうと伝えたいですし、家族にはぜひ背中を押してほしいですね。

 

三角さん4

 

私も経験しましたが、海外で生活すると、それまで気が付かなかった日本のことを知ることができます。

 

海外勤務の長い民間の人が、日本に帰ると、その居心地の良さから「日本は繭(まゆ)みたいだ」と表現されていました。

ただ、まゆのままでは成長はできません(笑)

 

(取材:日川 剛伸)

PROFILE

みすみ・さちこ 東京都出身。1986年、国際協力事業団(現国際協力機構)採用。北海道国際センター次長(2012年~2015年)、国際緊急援助隊事務局長(2016年~2018年)などを経て、18年4月から現職。マレーシアとパキスタンで計7年間の在外事務所経験を持つ。

JICA中国のホームページはコチラ link-out.png

 


 

🔍最新の東広島ニュース

占い230209

四柱推命で分かる今週の運勢【2月9日~2月15日】

オーエヌ総合教育センター監修の四柱推命占い。あなたの今週(2月9日~2月15日)の運勢は…!? 1月生まれ のあなた  金 運:★★★★☆ 恋愛運:★★★★★ 健康運:★★★★☆ 言うことなしの運気です。仕事では後輩や年 […]

新型コロナイメージ

【まとめ】東広島市民が知っておきたい新型コロナ関連ニュース

国、広島県、東広島市の取り組みや、市民アンケート結果など、東広島市民が知っておきたい新型コロナウイルス関連ニュースをまとめています。 (随時更新)   東広島市内、最新の新型コロナ感染状況は東広島市役所ホームペ […]

covid

【速報】新型コロナウイルス 東広島市114名の感染を確認(2月8日発表)

令和5年2月8日17時00分現在、東広島市で54,432~54,545例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。 広島県が患者の行動歴や濃厚接触者を把握するための調査をしています。本市で確認された事例については […]

選挙イメージ

次期衆院選で自民 新広島4区擁立報道に苦言<東広島市の現職市議とプレスネット編集委員が緊急座談会> 

 改正公選法の施行に伴う次の衆院選の新たな区割りで、自民党が新広島4区の候補者に、5区を地盤とする寺田稔前総務相を擁立する方向で最終調整に入ったとの記事が、2月1日付の中国新聞に掲載された。報道を巡っては、市民らから「寝 […]

お弁当の里家

お助け一品 お弁当の里家「近藤さんのお弁当(日替わり)」

東広島で見つけたおいしい総菜をご紹介。晩ご飯にもぴったりの「お助け一品」。 今回のお店は、東広島市福富町の「お弁当の里家」。 今回紹介するのは 「近藤さんのお弁当(日替わり)」 650円(税込み)  福富町上竹仁にあるぷ […]

一斉にスタートする出場者(撮影・林)

ママチャリでリレー 河内町で3時間耐久レース

 ママチャリと呼ばれる一般的な自転車をこぎながらリレーしていく、第13回わくわくママチャリ3時間耐久レースが1月22日、入野区民グラウンド(東広島市河内町入野)で行われた。7チームの45人が参加。広島大学サイクリング部の […]

東広島デジタル-地域ニュース

消防士10人が熱弁 一席に河野拳一郎さん 東広島市消防職員 意見発表会

 東広島市消防局(同市西条町助実、弓場潤局長)は1月24日、消防職員が業務の課題やその解決策などについて発表する「令和4年度東広島市消防職員意見発表会」を同消防局で行った。一席に、東広島消防署西分署の消防士・河野拳一郎さ […]

桜の森の冬景色

桜の森の冬景色【東広島フォトリポート】

 龍王山(575㍍)、山頂手前の「桜の森」は1500本の桜が咲く花見の名所です。冬ならではの龍王山の景色が撮りたくて積雪のたびに挑戦し、3度目でやっと撮影できました。  枝先まで雪が積もり青空の下、木々についた雪が真っ白 […]

「思い出、健康づくりに!」第3回福富ダムマラソン 参加者募集

第3回福富ダム【健康マラソン】フェスタが3月21日、福富多目的グラウンドを発着地点にして開催されます。大会を主催するBBRボディバランス★ランナーズは現在、参加者を募集しています。 {toc} 大会概要 【名称】第3回福 […]

「まず咲く」マンサクの開花

「まず咲く」マンサクの開花【東広島フォトリポート】

 ロウバイが満開を迎えたので、もしかしたらマンサク(万作)も開花しているのではと思いマンサク街道(自分で勝手に命名)の県道29号を探し歩きました。  1本だけ枝先に蕾をいっぱいつけた木を見つけました。枝元にはイソギンチャ […]

 

関連する人気記事

新着記事