6/12

(WED)

東亜ハウスの「和×北欧」スタイルのモデルハウス「ジャパンディ」

  • 2023/09/05

FM東広島 パーソナリティの平野朋美です。
今回は、東広島市西条町田口のイーストヒルズ西条住宅展示場にある、東亜ハウスのモデルハウス「ジャパンディ」を見学してきました!


目次

目次

 

東亜ハウスのモデルハウス「ジャパンディ」
平面図

ジャパンディとは

ジャパンディ(JAPANDI)とは、ジャパン(日本)とScandinavian(北欧)を合わせた造語で、今、海外でも注目を集めているインテリアスタイル。今後さらに人気が高まるとも言われています。

モデルハウス「ジャパンディ」

イーストヒルズ西条に完成した、東亜ハウスのモデルハウス「ジャパンディ」は。籐や竹、木、和紙など、和のテイストを取り入れつつ、シンプルで暖かみのあるモダンな空間に仕上がっています。

玄関前

「小さく建てて広く住まう」家

玄関からみたリビング・ダイニング

玄関を入ると、いきなり吹き抜けのリビング!
第一印象は、「広い」「開放的」「明るい」。外から見た印象はコンパクトな家の印象でしたが、中はかなり広く感じます。

吹き抜けの2階部分の窓から光が入り、明るいのが印象的。開放的な空間に大胆に吊り下げられた照明が素敵です。

木のナチュラルな色も目に優しく入ってきます。
壁の白、床の木、窓から入って来る自然の光、ところどころに使ってある観葉植物や、自然をイメージしたアースカラーのインテリアがとてもマッチしていて落ち着きます。

リビング

リビング

リビングの窓は少し低め。ソファに座ると、ウッドデッキが見える、ちょうどよい高さになっています。和室に座って外を眺めるようなイメージです。

ダイニング

ダイニング

リビングの奥がダイニング。部屋に仕切りはありませんが、ダイニングエリアの天井には、木が1枚1枚貼ってあり、エリア分けがされています。あたたかい雰囲気の団らんがイメージできます。

キッチン

キッチンカウンターや収納は、グレーが基調のアースカラーで柔らかいイメージに。シンクと反対側には、収納棚があり、出し入れに十分な動線がとってあります。

ランドリールーム・ファミリークローク

ランドリールーム

キッチンからつながるランドリールームは、リビングからも入れるようになっています。奥には、洗面と浴室。扉からは、外の洗濯干しスペースへ。洗濯後の動線もスムーズです。オープンラックの反対側はファミリークロークです。

ファミリークローク

収納スペースにはあえて扉を付けずオープンにすることで、多目的に使えることと、扉を開閉する分のスペースの節約になっています。ランドリールームの洗濯物はロールスクリーンで隠せるようにしています。

2階

2階 洋室
2階 主寝室
2階からみたリビング

吹き抜けがあるので、階段も明るい。

感想

ジャパンディの間取りのコンセプトは、「小さく建てて広く住まう」家。今回、見学したモデルハウスは延床面積が、29.81坪ほど。省けるところは極限まで省いて、住むスペースを広く取っているそう。一般的に「廊下」にあたる部分は、家全体で2畳分もないそうです。


1階部分には、部屋の間仕切りのような建具がなく、「柱や梁もないのかしら?」と思うくらい目立たないので、見た目にも広々と感じました。体感も見た目以上に広く、ゆったりとしていました。

1階 ウッドデッキ

リビング・ダイニングの床の延長に屋外のウッドデッキにつながっているので、その部分も合わせて広く見えました。

外構のフェンスや、窓の高さなどで窓やカーテンを開けても、外からの視線は気にならない工夫がしてあるのも、お気に入りポイントです。

「ジャパンディ」のテイストは、どんな家具とも合わせやすいので、歳を重ねて生活スタイルが変わっても味が出てくるのが楽しみです。

ぜひ一度、「小さく建てて広く住まう」家、ジャパンディを体感してみてください。

物件情報

イーストヒルズ西条 住宅展示場

お問い合わせ・見学予約

東亜ハウス株式会社

ホームページ

0120-21-4141
9:00〜17:00(定休日 水曜)

関連する人気記事

新着記事