2/23

(FRI)

【街角リポート】地元の食材を使った弁当と惣菜のお店「おんがえしべんとう」へ行ってきました!(東広島市安芸津町)

  • 2024/02/12

FM東広島 東広島★情報局 毎週金曜日10時台のコーナー 街角リポート リポーターの平野朋美です。1月19日(金)は、東広島市安芸津町風早にある、地元の食材や旬の野菜を使った弁当と惣菜のお店「おんがえしべんとう」に行ってきました!

目次

目次

 

おんがえしべんとう

場所は、東広島市安芸津町風早1306-1。
JR安芸津駅から「おんがえしべんとう」までは車でおよそ4分。国道185号から県道353号(内海三津線)に入って1分ほどで到着です。

開店前

「おんがえしべんとう」は、2023年10月にオープンした弁当と惣菜の店。
店主の安森純子さんが、70歳を超えてから東広島市安芸津町への移住を決め、叶えた夢のひとつの「小さなお惣菜屋さん」です。ここちよい響きの「おんがえしべんとう」は安森さんが名付けた店名。メインのお弁当にも店名と同じ名前をつけました。地域の素材を使った料理で恩返しをとの想いが込められているそうです。

地元の野菜や旬の野菜を使った心も身体も喜ぶ愛情たっぷりの田舎料理

基本のメニューは、2種類のお弁当です。地元の野菜や旬の野菜など、その日の食材によってメニューが決まる楽しみなお弁当。11時の開店前から待っているお客様がいらっしゃるほどです。

おんがえし弁当(日替わり)

おんがえし弁当(日替わり)500円税込

「おんがえし弁当」は日替わりで、煮物、フライ、卵焼きなどの惣菜がたっぷり詰めたお弁当です。私たちに身近な地域の野菜や食材を主役に愛情たっぷりの料理がぎゅっと詰まっています。

九重弁当(日替わり)

九重弁当(日替わり)1,000円税込

「九重弁当」は、9種類の惣菜が入ったお弁当。中央のハート形の卵焼きにほっこり。この日は、エビフライやオクラのフライ、煮物、などが一品一品丁寧に盛り付けられ、食べる前から思わず笑顔がこぼれます。ゆっくりと味わって食べたいお弁当です。

助六

「助六」は、田舎巻きと.いなり寿司 500円(税込)。こちらも人気メニュー。1個つまんだら、もう1個食べたくなること間違いなし。

事前の予約がおすすめ

お店では、店主の安森さんが1人でお弁当を作っているため、店頭販売には数に限りがあります。お弁当が店頭に並ぶと早い時間に完売することも多いので、事前の予約がおすすめです。予約は前日の15時までに、電話かインスタグラムのDMで、名前・連絡先・個数・受け取り時間を伝えてくださいとのことです。

ぜひ、一度味わってみてくださいね。

おんがえしべんとう Instagram

リポート中継無事終了

店主の安森純子さん(左)と、安森千恵さん(右)

街角リポートのインタビューに出演いただいたのは、「おんがえしべんとう」をサポートする店主の安森純子さんの娘さんで、FM東広島ともご縁のある、フルート奏者の安森千恵さんでした!「インタビューで話すのは苦手です」と言うお母様に代わって、楽しくお話を聞かせていただきました。
リポート中継の時間は、11時の開店前の一番忙しい時間でしたが、中継が終わるころには、たくさんのお弁当が詰められていました。お客様の笑顔が楽しみです!

店舗情報

おんがえしべんとう
東広島市安芸津町風早1306-1
070-9222-0556 
営業時間
11:00~売り切れ次第終了
土・日は予約のみ
定休日
月曜日・火曜日

インスタグラム

記者の画像

平野 朋美

FM東広島パーソナリティー。整理収納アドバイザー。
ミニマリストを目指して「1日1捨て」3R実践中。

新着記事