3/3

(SUN)

【街角リポート】移転オープン!「ギャラリーショップ 風見通り (かざみどり)」に行ってきました(東広島市西条西本町)

  • 2024/02/11

FM東広島 東広島★情報局 毎週金曜日10時台のコーナー 街角リポート リポーターの平野朋美です。2024年2月9日(金)は、東広島市西条西本町移転オープンした「風見通り(かざみどり)」に行ってきました!

目次

目次

 

ギャラリーショップ 風見通り (かざみどり)

ギャラリーショップ 風見通り (かざみどり)の場所は、東広島市西条西本町7-24。

店舗外観

JR西条駅からは、酒蔵通りを西へ徒歩で600mほどの場所にある古民家。額縁と画材を販売するお店です。昨年12月末、西条岡町の旧店舗から移転しオープンしました。

店内の一部

古民家の店内は昔懐かしい雰囲気で、入り口から土間の部分に額縁や画材が所せましと並んでいます。

額縁・額装

店内には様々な額縁が並ぶ

ギャラリーショップ 風見通りでは、飾りたいアートや書などの額装や、予算や好みに合わせて額縁を選ぶことができます。カタログから選んだり、イメージを伝えて取り寄せもできます。

額縁と言っても、写真、ポスター、書、絵手紙、賞状、水彩画、色紙、切り絵、雑誌の切り抜き、ポストカード、切り絵など、それぞれに適した額縁があり、かなりの種類があるそうです。

色のついた板が「マット」

額装とは、絵や写真、書、アートなどの作品を額縁に入れて表装すること。
「額縁の専門店」と聞くと敷居が高く感じるかもしれませんが、ポスターやポストカード、雑誌の切り抜きでも、何を入れてもOK!飾りたい作品をお店に持ち込んで、実際に額縁や組み合わせる「マット」と合わせて見ることもできます。

「額縁選びって楽しいですね」と、初めて額縁を選ばれるお客様が言われるそうです。お気に入りを飾るために選ぶ額縁は特別感があり、愛着が一層増しそうです。

画材

筆などの画材の販売もしています。お客様は、趣味で楽しまれる方から作品を出展する方まで幅広く、東広島市外や遠方からも多く来店されているそうです。

レンタルスペース

レンタルスペース

店舗の販売エリアになっている土間から小上がりを上がると、奥にレンタルスペースがありました。文化教室やワークショップ、セミナー、イベントなどに使えるスペースです。プレゼンの練習や勉強会などにも利用されているそうです。「こんなことできるかな?」と思ったら気軽に相談してみてください。

帰ってきたくなるお店

お客様に額縁の吊るし方をレクチャーする梶本さん(奥)

リポート中継が終わるのを待っていた常連のお客様に、額縁の吊るし方、紐の結び方をレクチャーするオーナーの梶本さん。「どんなことでも気軽に相談してみてください。」と、笑顔で話してくださいました。

オーナーの梶本 恵子さん

「ギャラリーショップ 風見通り」は、一度訪れると居心地のよさについ長居してしまいそうな場所。田舎のおばあちゃんの家に帰ってきたような温かい空気感にほっこり。自分だけの額縁選びや、「レンタルスペースでゆっくりするのもいいかも」と、再び訪れる機会を想像してしまいます。ぜひ、気軽に相談してみてくださいね。

店舗情報

ギャラリーショップ風見通り(かざみどり)
東広島市西条西本町7-24
営業時間
10:30~18:30
定休日
日曜・祝日、雪の日、月一回不定休
(来店の相談可能)

※駐車場 店舗前1台、徒歩すぐの場所に4台分あり

記者の画像

平野 朋美

FM東広島パーソナリティー。整理収納アドバイザー。
ミニマリストを目指して「1日1捨て」3R実践中。

関連する人気記事

新着記事