5/18

(SAT)

東広島で撮影 約60個!! 護身のコブ【東広島フォトリポート】

  • 2021/03/09

 

みんぷら護身のコブ0311

 

 

幹にコブ(瘤)が付いている木をまれに見ることはありますが、そのコブの数は12個です。

 

しかし、街路樹として植えられているシラカシには約60個のコブが付いていました。

 

念のため周りのシラカシを調べると10個ほど付いていました。

 

コブができる原因は、車道に接近して植えられているからだと思われます。

 

枝を伸ばすと車を傷つけるので、すぐに切り落とされます。

 

切り口を早く治すため、木はコブをつくります。

 

30年間同じことが繰り返され、約60個のコブが付いたのでしょう。

 

 

撮影日:2月19日

 

撮影場所:東広島市西条町

 

撮影:船越雄治

 

東広島で撮影 春の使者、福寿草が満開【東広島フォトリポート】
   春の訪れを告げる福寿草が満開を迎え、周りが明るく暖かく感じられます。 旧暦の正月ごろに咲くことから、「元日草」の別名。 「幸福の福」、「...

 

東広島で撮影 驚きの連続!!ヒョウタン屋敷【東広島フォトリポート】
  ヒョウタンが家中に溢れる民家があるとのうわさを聞いたので、見物に出掛けました。 軒先から無数のヒョウタンがぶら下がった家が目に入ったので...

 

東広島で撮影 かわいい猛禽(もうきん)類 ノスリ【東広島フォトリポート】
   ノスリはトビよりも一回り小さく、カラスくらいの大きさです。 どこでも観察できるのでカメラマンの注目度も低いタカですが、見たことのない人...

 

 

当ページの画像の無断転載・無断使用を固く禁じます。

 

 

 

 

 

関連する人気記事

新着記事