6/16

(SUN)

東広島で撮影 虫さん喜ぶ啓蟄(けいちつ)【東広島フォトリポート】

  • 2021/03/25

 

みんぷら啓蟄0325

 

 

3月5日は二十四節季の一つ「啓蟄(けいちつ)」。

 

冬ごもりしていた虫たちが春の気配を感じて活動し始めるころとされています。

 

各地の風物詩として「菰(こも)外し」が報じられる日です。

 

畑も春の景色が広がりツクシが競うように伸び、菜の花も咲き、蜜を求めてチョウが舞い、蜂も羽音をたてながら飛び回っています。

 

いつでも撮れる被写体ですが今日撮ったことに意義があります。

 

 

撮影日:3月5日

 

撮影場所:東広島市八本松町

 

撮影:井川良成

 

東広島で撮影 ツグミの水浴び【東広島フォトリポート】
   ツグミは秋に飛来します。 樹上で果実を食べ、なくなると地上に降りて、虫やミミズを捕るようになります。 池の水際、川、水たまりで水浴びをし...

 

東広島で撮影 歌声が流れるひな人形展【東広島フォトリポート】
   コロナ禍で中止や縮小されるひな祭りのイベントですが、安芸津町では商工会女性部がひな人形展を主催し、27店舗が参加したスタンプラリーも行わ...

 

東広島で撮影 一足先に「サクラサク」【東広島フォトリポート】
   安芸津町大芝島の河津桜が満開を迎え、展望地一帯を春色に染めています。 ソメイヨシノよりも1カ月早く咲き、花が大きく濃いピンク色で花期が...

 

 

当ページの画像の無断転載・無断使用を固く禁じます。

 

 

 

 

 

関連する人気記事

新着記事