5/27

(MON)

SDGs推進パートナー 未来都市選定の東広島 登録数が100者に到達

  • 2021/04/14

 

東広島市が昨年11月から募集をしていた「SDGs未来都市東広島推進パートナー」の登録企業・団体の数が100者に到達した(3月31日現在108者)。

国連の提唱するSDGs(持続可能な開発目標)は、17の目標を掲げ、誰一人取り残されない社会の実現を目指す。市では、昨年7月、内閣府の「SDGs未来都市」に選定されたのを機に、SDGsの理念にのっとったまちの実現に向け、市全体に取り組みの輪を広げるため、パートナー制度を設けた。

登録者の内訳は業や金融機関などが80 NPOや市民団体などが23 教育・研究機関2、自治体・公的機 関等3

 

市では今年3月にSDGs特設サイトを開設し、パートナー企業・団体の一覧を掲載。

 

県内の自治体で初! 東広島市がSDGsに特化したサイトをオープン

 

パートナーが取り組む活動を発信するなど、SDGsの認知度を高めていく他、パートナー同士の情報交流機能を持たせ、連携した取り組みを推進する。

高垣広徳市長は「SDGs未来都市の実現には、多くの企業や市民とともに取り組みを進めることが重要」と話していた。 (日川)

 


東広島市とSDGs

 

【記事まとめ】もっと知ろう!SDGsと東広島【随時更新】
 ニュースでもよく耳にするようになった「SDGs」という言葉。 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、日本語では「持続可能な開発目標」とい...

関連する人気記事

新着記事