5/19

(SUN)

【LINE公式アカウント導入支援】コロナだけど売れる 事業者と顧客を結びつけるLINEとは

  • 2021/07/22

黒瀬町の自宅で、サロン「Bonding(ボンディング)」を開業する佐々田朋子さん(38)。看護師として働く傍ら副業でベビーマッサージを行なっていましたが、2016年に看護師を退職、専業で「Bonding」の事業を開始しました。

 

 

Bonding(ボンディング)とは、絆を意味する英語です。ベビーマッサージなどで親子のコミュニケーションづくりを目指す「NPO法人 国際ボンディング協会」に許可を得た上で「Bonding」をサロン名にしたといいます。

 

サロンでは、ベビーマッサージや緩動調整法(緩めて体の痛みを取り除く独自の施術法)を行っていますが、2020年の新型コロナウイルス感染症による影響を受け、同年4月、5月の売り上げが大幅に落ち込んでしまいました。

 

この現状を改善するために、コミュニケーションアプリ「LINE」が提供する「LINE公式アカウント」を導入して、自身の事業を断ち直すことを決意。

 

LINE公式アカウントとは、コミュニケーションアプリ「LINE」が提供するサービス。

店舗や会社がアカウントを作成し、友だち登録をした顧客に情報を届けたり、トークで会話をしたりするツールです。

 

BondingのLINE公式アカウント link-out.png

 

Bondingでは、子育てをする母親の心身の悩みを解決する運動や、ベビーマッサージ教室を行っています。

親子の絆づくりと、毎日頑張る母親たちをサポートすることが、佐々田さんの喜びとなっているそう✨

 

これまでにもBondingではLINE公式アカウントに登録をしていたものの、コロナによる影響を期に研究を重ね、より活用できるものへと進化しました📱

 

LINE公式アカウントの運用では「コロナだからできない」ではなく「コロナでもできることを見つけていこう」という強い気持ちがあったといいます。

 

事業を宣伝する手段としてSNSやブログがありますが、佐々田さんは顧客とコミュニケーションがとりやすく、顧客の購買行動につながりやすいLINE公式アカウント を選びました。

 

LINE公式アカウントでは、事業者と顧客によるトークのコミュニケーションに加え、トーク画面の下部に表示されるメニューで注文・予約・イベント情報を閲覧するなどのサービスも利用できます!✨

 

LINE上で情報を得た顧客が、商品の購入や予約といった行動にリアルタイムでつなげられる導線が、LINE公式アカウントとSNSの大きな違いだといいます。

 

 

佐々田さんは、自身の事業をV字回復させたことをきっかけに、コロナで経営に苦しむ事業者を対象にLINE公式アカウント導入支援事業をスタートしました🙌

 

20206月頃から毎月1件のペースで、同じように売り上げが落ち込んだ事業者を対象に導入支援を行い、黒瀬商工会や知り合いの経営者の協力を得て、これまで東広島市と呉市の7社でLINE公式アカウントを導入しています。

 

LINE公式アカウントを導入した事業者は、来店予約やテークアウト商品の注文が増加東広島市外からの来客があるなど、大きな効果を得ています。

導入を実施した事業者からは

売り上げもだが、お客さまの満足度を高められたことがうれしい
お客さまに信頼してもらえるツールとして成り立っている

LINE公式アカウントによる効果を実感しているようです。

 

一つの事業者に対して、導入が完了するまで1カ月の時間を要する理由には、佐々田さんの「事業者の人となりをLINEに込めたい」という思いがあります。

 

佐々田さんの行う導入支援は、ただLINE公式アカウントを立ち上げるだけではありません!

 

店長の人柄や話し方を反映させた自動応答メッセージの構成、店舗のイメージやカラーを取り入れたリッチメニューLINE公式アカウントの下部に表示されるメニュー)のデザインを、事業者と綿密な打ち合わせをした上で、佐々田さんが考案しています。

 

佐々田さんは今後、BondingLINE公式アカウント導入支援を合わせて「ポチッとクリエイター」という肩書きで活動をスタートする予定です。

「ポチッと」の意味には、三つの事業における活動に込めた意味があります。

 

「ポチっと」に込めた意味

LINE公式アカウントを利用する顧客にメニューのボタンをポチポチ押してもらいたい

LINE公式アカウントを導入したいと考える事業者の背中を押したい

・佐々田さんのコミュニケーション能力を生かして、前に進みたい人の背中(ボタン)をポチッと押してあげる

 

 

佐々田さんは今後、LINE公式アカウントの導入を検討する事業者を対象に、導入支援事業を東広島市以外のエリアに拡大することが目標だといいます。

 

LINE公式アカウント導入支援事業において「LINEを導入することで、事業者はお客さまの幅も広げられるし、お客さまにお店のことをもっと知ってもらい、好きになってもらえる機会になる。事業者もお客さまも楽しんでもらえる、そんなサービスを提供できる導入支援の事業を行っていきたい」と話しています。

 

 PROFILE
ささだ・ともこ 1982年生まれ。
呉市出身、東広島市黒瀬町在住。自宅でベビーマッサージと緩動調整法を行うサロン「Bonding(ボンディング)」を開業。持ち前のコミュニケーション能力を生かしながら、新しい事業に取り組む。元看護師。3児の母。

 

 

店舗情報
Bonding
住所 
東広島市黒瀬切田ヶ丘3-13-22
電話番号

※営業時間などは取材時のものです。最新の情報はお店に直接ご確認下さい

 

 

 

 


 


🔍最新の東広島ニュース

安全衛生優良企業に認定され笑顔の(左から)西川取締役、津間本代表取締役、中崎社長(撮影・山北)

県内で初、オプティコが安全衛生優良企業に認定

 厚生労働省は2月16日、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組んだとして、眼鏡販売業のオプティコ(本社・東広島市西条岡町、津間本美奈子代表取締役)を安全衛生優良企業に認定した。認定期間は3年間で県内初の […]

部員と触れ合いながら乗馬を楽しむ子ども(撮影・山北)

広島大馬術部がホースフェス 家族連れ250人馬と触れ合う

 広島大馬術部(東広島市鏡山、木内啓司監督)は5月5~6の両日、「ひろだいホースフェス」を同大東広島キャンパス内の馬場と厩舎(きゅうしゃ)で開き、家族連れら約250人が訪れ、にぎわった。5年ぶり11回目。5日には馬場で、 […]

山名さん(右端)から庭石の説明を聞く留学生ら(撮影・山北)

留学生を招き見学会 高屋町の仙石庭園

 医師で造園家の山名征三さんが企画・設計・施工した仙石庭園(東広島市高屋町高屋堀)の見学会が4月26日に開かれた。広島大(同市鏡山)に在籍する外国人留学生に日本文化に触れてほしいと山名さんが企画した。今回が初。  同庭園 […]

東広島市内学校の校歌を紹介!「学び舎メロディー」だより

学校の校歌を聞いて、あの頃を思い出しませんか? 東広島の学校の校歌をお届けするコーナー『学び舎メロディー』はFM東広島89.7MHzで月曜日から金曜日の朝8時50分からオンエアー!(PCやスマホからも聞けちゃいます!) […]

masuda3

日々の営みや移りゆく風景・感動の一瞬を切り取る 増田洋二さん写真展【東広島】

 二科会会員の増田洋二さんの「35年の歩み」写真展が5月15日から20日まで、東広島市西条栄町の東広島芸術文化ホールくらら市民ギャラリーで開かれている。  日々の営みや移りゆく風景・感動の一瞬を切り取った作品53点を展示 […]

仲良しのヤギと散歩

仲良しのヤギと散歩【東広島フォトリポート】

 今、全国でヤギをペットとして飼育している人が急増しています。両親が花を栽培されている井崎凪ちゃん(11)宅にも2歳のヤギが2頭います。ヤギが大好きな凪ちゃんが散歩している様子を撮らせてもらいました。  白い雌はおとなし […]

占い240516

四柱推命で分かる今週の運勢【5月16日~5月22日】

オーエヌ総合教育センター監修の四柱推命占い。あなたの今週(5月16日~5月22日)の運勢は…!? 1月生まれ のあなた  金 運:★★★★☆ 恋愛運:★★★★★ 健康運:★★★★★ 引き続き運気は好調なようです。思いつい […]

大きい! 動いとる!!

大きい! 動いとる!!【東広島フォトリポート】

 地域の自然に触れ合い、生き物の飼育を通じて昆虫の生態を学び、命の大切さを知ってもらおうと、今年もカブトムシの幼虫20匹を原保育所(西村紀子所長)に贈りました。ケースの中から親指ほどの幼虫を見つけると「わー!大きい、動い […]

双子のフェリー

双子のフェリー【東広島フォトリポート】

 安芸津港と、大崎上島の大西港の間は、2艘(そう)のフェリーでつながっています。2艘はほぼ同時刻に出港するので、両港のほぼ中間ですれ違います。安野山から見ているとチャイコフスキーの「白鳥の湖」を連想します。2艘のフェリー […]

怪しいチョウ

怪しいチョウ【東広島フォトリポート】

 毒々しいまでの赤と黒のまだら模様の腹部を、アクロバティックな姿勢でウマノスズクサに押し付けて産卵するジャコウアゲハが目に入りました。幼虫の餌になるウマノスズクサが激減し、希少なアゲハチョウとなりました。 フォトリポータ […]

 

関連する人気記事

新着記事