3/2

(SAT)

ジョギング×ごみ拾いで環境美化 ひがしひろしま環境フェア

  • 2021/11/09

ひがしひろしま環境フェア
ジョギングしながらごみ拾いをする参加者(撮影・林)

 ひがしひろしま環境フェア(同実行委員会主催)が10月24日、東広島市西条栄町の西条中央公園で行われた。東広島市では初めての試みとして、ジョギングしながらごみ拾いをする「プロギング」があり、約30人が参加した。

 

 プロギングはごみ拾い(PlockaUpp)とジョギング(Jogging)を合わせたスウェーデン発の新しいフィットネス。街の環境美化と同時にジョギング効果も得られる。

 

 参加者は、中央公園周辺の約2キロの異なるコースを3つのグループに分かれて回り、プロギングで拾ったごみは7種に分別した。プロギングに参加した丸山亜砂美さんは「体を動かし、ゴミ拾いをしていると幸せな気持ちになり、充実感が出た」とにっこり。同市環境先進都市推進課の佐々木俊治主事は「プロギングでは、市民の環境問題への意識の高さを感じた。2回目も開催したい」と話した。

 

(林)

 

関連する人気記事

新着記事