7/1

(FRI)

障害者就労継続支援B型事業所 障害者に就労の場を提供 「太陽の町共同体」の新施設が完成

  • 2021/12/01
  • 2021/12/28

「太陽の町共同体」の新施設が完成

 東広島市黒瀬町乃美尾の社会福祉法人太陽の町(山田正史理事長)が運営する障害者就労継続支援B型事業所「太陽の町共同体」の落成式が11月30日、関係者ら約80人が出席して行われた。

 

 式では山田理事長が「建物がきれいになり、設備も新しくなって利用者も喜んでいる。 全てが一からのスタート。地域共生社会づくりの一役を担うよう努力していきたい」とあいさつした後、工事関係者に感謝状を贈った。

 

 建物は、鉄筋コンクリート造平屋建てで、570.37平方m。総事業費は1億9514万円。作業訓練室、相談室、休憩娯楽室、調理室、食堂などを備えている。定員30人。

 

 B型事業所は、障害により企業などに就職することが困難な人に、雇用契約を結ばずに働く場所を提供する。約9000坪(平方mに)の敷地内には、共同生活援助(障がい者グループホーム)、放課後とデイサービス事業所、茶室などがあり四季折々の草花や自然の中で作業しながら他者との交流を図ることができる。

 

 (山北)

 

関連する人気記事

新着記事