7/1

(FRI)

カープジュニアに市内の4小学生選出 NPB12球団トーナメントに出場

  • 2021/12/18
  • 2021/12/18

カープジュニア
カープジュニアのメンバーに選ばれた左から石田君、十文字君、高垣市長を挟んで斉藤君、河野君(撮影・日川)

 軟式野球の広島東洋カープジュニアのメンバーに選ばれた東広島市の小学6年生4人が12月10日、同市役所に高垣広徳市長を表敬訪問した。4人は12月28~31日に東京都の明治神宮球場などで開かれる、軟式野球のNPB12球団ジュニアトーナメントKONAMI CUP2021にカープジュニアの一員として出場する。

 

 4人は、市内の軟式野球チームに所属する十文字琉智君(川上)、斉藤秀人君(川上)、河野拓真君(郷田)、石田龍之介君(板城西)。十文字君は東広島クラッシャーズJr.で、斉藤君と河野君は東広島ウルフで、石田君は黒瀬ジュニアで、それぞれ活動している。

 

 カープジュニアメンバーの選考会は、県内から94人の野球少年が集まり、今年夏から秋の1カ月間にわたって行われた。十文字君は身長173cm、体重82キロの堂々たる体格を生かした打撃が持ち味。斉藤君は走攻守の三拍子がそろい、河野君と石田君は、どのポジションもこなせるユーティリティー選手だ。16人の代表選手の一員に選ばれる決め手になった。4人は「プロへの登竜門にもなる大会。優勝を目指して頑張りたい」と張り切っている。

 

 トーナメントは、プロ野球12球団のジュニアチームが日本一を目指して戦う。カープジュニアは、カープOBの天谷宗一郎氏が率いる。

 

(日川)

 

関連する人気記事

新着記事