7/7

(THU)

ウイルス対策に「エアープロット」 窓に薬品を塗ることでウイルスを分解 一般社団法人高齢者サポートセンター

  • 2022/01/17
  • 2022/01/16

エアープロットの施工を行うスタッフ
エアープロットの施工を行うスタッフ(提供写真)

 (一社)高齢者サポートセンター(小島実代表、事務局・東広島市西条町大沢)はこのほど、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスの対策として「エアープロット」システムのサービスを始めた。

 

 エアープロットは、窓ガラスに特殊な薬品を塗ることで、アレルギー物質などを分解して取り除き、室内の空気をきれいにする物質。この特性を応用し、窓に付着したウイルスを分解させていく。食品検査の総合研究機関「食環境衛生研究所」の試験によると、ガラスに付着したウイルスは1分後に99・59%減少したという。金額は1平方m当たり6000円から。

 

 小島代表は「アレルギー対策にも効果が期待できる。人が多く集まる場所で検討してもらいたい」と話している。飲食店や一般住宅でも対応している。問い合わせは同センター、電話082(425)3104へ。

 

(繁澤)

 

関連する人気記事

新着記事