2/1

(WED)

伯和ビクトリーズが野球教室 いきいきこどもクラブの児童招く

  • 2022/12/08
  • 2022/12/07
ボールの投げ方を教わる児童(撮影・原田)
ボールの投げ方を教わる児童(撮影・原田)

 社会人野球チームの伯和ビクトリーズは11月14日、東広島市西条吉行東の市立東西条小グラウンドで、いきいきこどもクラブ(放課後児童クラブ)の児童を招いて、野球教室を開いた。

 児童35人と伯和ビクトリーズの選手5人が参加。ダッシュや素手でのキャッチボール、ボールをバトン代わりにしてのリレー、カラーコーンの上に置いたボールを打つ練習などを行った。

 東西条小5年の田中貫大郎君は、「普段はグローブでボールを取っているので、素手でキャッチするのが新鮮で楽しかった。選手が投げたボールを取ることができてうれしかった」と喜んでいた。

 伯和ビクトリーズの内野手兼マネジャーの池田侑矢さんは、「子どもたちに野球や体を動かすことの楽しさを感じてほしかった」と話していた。

 11月20日には、広島県内の高校9校を対象に野球教室を行った。

(原田)

関連する人気記事

新着記事